創業二百年を越えた日本橋の和紙舗「榛原(はいばら)」、利用者へのインタビューをメインコンテンツとしたコミュニケーションサイト『わたし×暮らし×榛原』を公開

@Press / 2013年2月20日 10時0分

コミュニケーションサイト『わたし×暮らし×榛原』
和紙・和紙小物などの企画・製作・販売を行う株式会社 榛原(はいばら)(本社:東京都中央区、代表取締役:中村 達男、以下 榛原)は、このたび、歴史や商品案内をコンテンツとするメインサイト( http://www.haibara.co.jp/ )に加え、商品を利用者の声をもって紹介するインタビューコーナーやキャンペーン実施など、利用者とのコミュニケーション企画を展開していくためのサブサイト『わたし×暮らし×榛原』を公開致しました。

コミュニケーションサイト『わたし×暮らし×榛原』
http://gallery.haibara-shop.jp/


■新設コミュニケーションサイト『わたし×暮らし×榛原』について
【メインコンテンツ】
和紙・榛原製品のある暮らしをご提案させていただくにあたり、この新設サイトでは、既に榛原製品をお楽しみいただいている方々にそのご様子をお知らせいただくインタビューコーナーをメインコンテンツとしております。
送り手である私どもではなく、又、歴史の文脈からでもなく、ご利用者さまの「暮らし」の中から商品を語っていただくことにより、榛原製品の新しい魅力をシンプルにお伝えできるのではないかと存じます。

【サイトシステムについて】
また、サイト自体はTumblrで構築しており、TwitterやFacebookでの展開と連携し、より多くの方に、現在系の榛原商品の魅力をお届けして参ります。


■同時開始プレゼントキャンペーンについて
昨年末、『蛇腹便箋(じゃばらびんせん)』( http://www.haibara.co.jp/campaign/jyabara/ )がGOOD DESIGN AWARD 2012を受賞させていただきました。これを記念して、『蛇腹便箋』の魅力・楽しさを少しでも多くの方に体感いただければとの思いから、Twitterを利用してのプレゼントキャンペーンを実施致します。こちらについての告知も、コミュニケーションサイト『わたし×暮らし×榛原』内でさせていただいております。

どんなふうにお使いいただけますか?『蛇腹便箋』プレゼントキャンペーン
http://www.haibara.co.jp/campaign/jyabara/present


■創業二百年「榛原」についてのご紹介
【紙・紙製品への情熱】
榛原は文化三年の創業以来200年、東京日本橋本店を中心に、和紙及び紙製品の企画・製作・販売を業として参りました。明治時代には日本で初めて和紙を輸出、大正時代には産業の発展とともに利用が著しく増加した計測器のための計測用紙の開発・製造に日本で初めて着手、その品質の高さから米アポロ計画(アポロ11号)に採用されるなど、常に紙・紙製品に強い情熱を持って携わり続けております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング