絶版本など手に入りづらかった本が紙でも電子でも購入できる「インタラクティブ ブック ソリューション」事業を開始

@Press / 2013年3月7日 10時30分

「インタラクティブ ブック ソリューション」の流れ
国内最大級約12万冊の電子書籍を取り扱う株式会社BookLive(本社:東京都台東区、代表取締役社長:淡野 正、以下:BookLive)と、株式会社三省堂書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:亀井 忠雄、以下:三省堂書店)は、絶版本などの書店で入手困難な書籍を紙と電子の両方で復元して販売する「インタラクティブ ブック ソリューション」事業を、2013年3月7日(木)より開始します。


「インタラクティブ ブック ソリューション」は、BookLiveが運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」と、三省堂書店が運営する「三省堂書店オンデマンド」(※)を連動させた新事業です。絶版本や入手が困難になった本などを両社のいずれかが出版社に交渉して電子データ化し、電子書籍を「BookLive!」で、紙の書籍を「三省堂書店オンデマンド」を通じて販売します。
当事業により両社は、これまでより多くのコンテンツを揃え、在庫を持たずに書籍を販売でき、お客様は電子と紙のお好きな方を選んで欲しかった本を購入することができるようになります。

当事業の最初の施策として、「BookLive!」で配信して好評だった株式会社平凡社の「東洋文庫」を、新しく「三省堂書店オンデマンド」でも販売開始します。「東洋文庫」は、アジア各地の古典作品を翻訳し詳細な解説をつけた叢書シリーズで、入手困難かつ古書市場において高値をつける作品を多く含み、根強い人気を誇ります。また3月25日・26日に三省堂書店神保町本店にて、当事業を紹介する「三省堂書店・BookLive共同事業説明会」を開催し、出版社各社への当事業の浸透を図ります。

BookLiveと三省堂書店は、今後も、当事業で展開する書籍数を増やしていくとともに、WEBと書店の連携によって、電子と紙の両方で読書文化に貢献できる取り組みを進めていきます。


■別添「インタラクティブ ブック ソリューション」の流れ参照
http://www.atpress.ne.jp/releases/33944/1_1.jpg


■三省堂書店・BookLive共同事業説明会 開催概要
日程: 2013年3月25日(月)・26日(火)
場所: 三省堂書店神保町本店8階催事場
対象: 出版社 ご担当者様
内容: 三省堂書店とBookLive両社による共同事業の説明
    「インタラクティブ ブック ソリューション」の説明
窓口: ご参加の方は事前予約が必要です。以下のメールアドレスに
    ご希望の参加日・お時間・参加人数をお知らせください。
    ssdondemand@mail.books-sanseido.co.jp

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング