(ISC)2 (R)が、更なる情報セキュリティ人材育成の促進を企図し、日本における新規総代理店としてエヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズと提携

@Press / 2013年4月1日 11時0分

世界最大の情報セキュリティの非営利団体であり、情報セキュリティ プロフェッショナル認定資格制度CISSP(R)の運営母体でもある(ISC)2 (R)(「アイエスシースクエア」)は、新規の総代理店としてエヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社(以下 NRIセキュア)との協業を本日発表しました。
今後、NRIセキュアでは、(ISC)2の情報セキュリティ知識を体系化したCBK(共通知識分野)をベースにして開発された情報セキュリティ資格取得者向けの、各種公式ドメインレビューセミナーを日本にて提供していく予定です。


グローバルリーディングの情報セキュリティサービスプロバイダーであるNRIセキュアでは、(ISC)2が専門家を中心にして開発し、グローバルで代理店が販売を手がけている(ISC)2認定講師が講義を行うCISSP(Certified Information Systems Security Professional)、SSCP(R)(Systems Security Certified Practitioner)とJGISP(TM)(日本行政情報セキュリティプロフェッショナル)の各CBKレビューセミナーを販売、提供していくことになります。
また、10月には、セキュアなソフトウェア開発のSDLCを網羅的に理解している専門家を認証する資格CSSLP(Certified Secure Software Lifecycle Professional)のCBKレビューセミナーの開催も企画しています。

CISSPは、グローバルの情報セキュリティにおけるマネジメントレベル向けの資格としては、ゴールドスタンダードとして認識されています。SSCPは、セキュリティポリシーなどの導入などに携わるサイバーセキュリティの実務家に適した資格となっています。また、JGISPは、日本政府における情報セキュリティ業務に従事している専門家に向けた資格となっています。CSSLPは、セキュアなソフトウェア開発のSDLCを網羅的に理解している専門家を認証する資格で、一昨年からグローバルで提供を開始しており、大手のソフトウェア企業、システムインテグレーターなどが取得推進をしています。
日本においては、2013年3月27日時点で、1,282名のCISSP資格保有者、61名のJGISP資格保有者を擁し、保有者数では、世界のトップ10となっています。

@Press

トピックスRSS

ランキング