大光電機、2012年度売上高358億円、LED照明は222億円 2013年度は売上高400億円目標、LED照明は300億円

@Press / 2013年4月25日 14時30分

照明器具専業メーカーの大光電機株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:前芝 辰二 http://www.lighting-daiko.co.jp/ )は、2012年度(2013年3月期)の売上高が358億円(前年比17%増)、内LED照明は222億円(前年比75%増)となったことを本日発表します。大光電機は、2013年度(2014年3月期)においては売上高400億円、内LED照明300億円を目標とします。


【2012年度実績】
大光電機の2012年度売上高358億円の内訳は、LED照明222億円(前年比75%増)、その他既存照明で136億円でした。LED照明の内訳は、店舗向け99億円(前年比60%増)、住宅向け123億円(前年比55%増)でした。


【LED照明器具の総合カタログ「LZ V」住宅向け照明器具カタログ「LIFE 2013-2014」を相次ぎ発刊】
大光電機は、2013年度の取り組みとして2013年4月22日にLED照明器具の総合カタログ「LZ V」を発刊、同年同月30日に住宅向けの照明器具カタログ「LIFE 2013-2014」を発刊します。

「LZ V」と「LIFE 2013-2014」のカタログには、LED照明総数3,100アイテムを掲載しています。総数の内訳は「LZ V」1,700アイテム、「LIFE 2013-2014」で1,400アイテムとなります。「LIFE 2013-2014」にはこの他既存照明が1,450アイテムを掲載し、合計2,850アイテムの照明を掲載しています。「LZ V」に掲載されているベース照明やユニバーサルダウンライトについては20%程度の値下げを実施します。

大光電機は、さらに「LIFE 2013新製品発表会」を同月23日から2日間の名古屋での開催を皮切りに6月下旬までに東京、大阪、福岡など全国10都市(前年9都市)で全13回(前年9回)開催し、新製品の紹介とセミナーを実施します。


【2013年度目標】
大光電機は、かかる取り組みを例年以上に強化、拡充し、2013年度の売上高として400億円を目標とします。売上高の内訳はLED照明300億円、その他既存照明で100億円です。LED照明の内訳として店舗向け150億円、住宅向け150億円を目指します。


◆大光電機株式会社( http://www.lighting-daiko.co.jp/ )
社名  :大光電機株式会社
代表者 :代表取締役社長 前芝 辰二(まえしば しんじ)
設立  :1948年
所在地 :大阪市中央区高麗橋3-2-7 高麗橋ビル
資本金 :4億9千万円
従業員数:755名

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング