最高品質水準Tier IVに対応した延床面積7万m2の大型データセンター「香港 ファイナンシャル データセンター」の提供開始について

@Press / 2013年5月31日 15時0分

香港 ファイナンシャル データセンター外観
 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、中国・香港の九龍半島東部の将軍澳(チュンクワンオウ)地区に建設した「香港 ファイナンシャル データセンター」を2013年5月31日より提供開始します。香港で3拠点目となる本データセンターは、総延床面積約7万m2(6,000ラック相当)とNTT Comグループのデータセンターでは最大規模を誇り、業界最高の品質水準であるTier IV※1に対応した高い信頼性を備えています。また、香港証券取引所に近接する理想的な立地に加え、万全のセキュリティや低遅延※2のネットワークサービスを用意しており、高スペックなICT基盤を求める金融機関やIT企業などのお客さまに最適なICT環境を実現しています。
 NTT Comは、2011年10月に策定した「Global Cloud Vision」に基づき、本データセンターをクラウドサービスの主要基盤としても活用していきます。今後も「Nexcenter(TM)」ブランドのもと、先進のデータセンターサービスをグローバルに拡充し、サービスレベルの高度化や品質向上に努めていきます。

1.背景
 香港は、中国市場へのゲートウェイおよびシンガポールと並ぶアジア地域のIT・経済活動のハブであり、多国籍企業のお客さまの拠点が集中しています。なかでも金融機関やIT企業のお客さまが多く、高性能かつ安定したICT環境が求められています。
 こうした中、NTT Comは、2013年2月に大容量光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」の香港向けルートを運用開始したほか、データセンターサービスやクラウドサービスなどの拡充に努めてきました。今回、お客さまのさらなる要望に応えるため、最新鋭の大型データセンター「香港 ファイナンシャル データセンター」を提供開始します。


2.特長 (詳細な設備仕様は別紙参照)
(1) Tier IVに対応した業界最高水準のデータセンター品質を確保
 本データセンターは、データセンター業界基準において最高の品質水準であるTier IVに対応しています。万が一の故障に備え、電源・空調・配電ルートなどあらゆる設備の冗長化を図っており、自然災害や火災などにも安全な設計としています。また、データセンターの敷地入口からサーバールーム内のラックまでの間に用意された8段階のセキュリティにより、お客さまのシステムを厳重に守ります。

@Press

トピックスRSS

ランキング