コンチネンタルとツール・ド・フランス 100年以上にわたるサクセスストーリー

@Press / 2013年7月18日 11時0分

「(C) ROTH-FOTO」1
2013年6月ハノーバー発 - 3週間にわたり、21のステージ、2,400kmの距離で争われるツール・ド・フランス。山の頂上にあるゴール地点、高速での下り坂、筋肉に激しい負荷のかかるスプリント走行、時計との闘い。追走を振り切り、トップを狙うアタック、栄養補給。息をつく暇はなく、焼けるような熱気、激しい雨、強い風にも見舞われ、狭い道路とタイトなコーナーでのスペース争いなど、このレースほどサイクリストにとって過酷なものはありません。

ツール・ド・フランスは世界でもっともタフなプロのサイクリストたちが、克服しなければならない試練でもあります。6月29日にスタートした第100回のツール・ド・フランスでは、198名のタフなサイクリストが地中海コルシカ島のスタート地点に集い、試練に挑みました。一方で、ツール・ド・フランスは、自転車に装備されるタイヤにとっても究極の試練となります。タイヤの接地面積が2~3cm2程度という極限の状況において、ライダーは数多くのことを瞬時に決断しなければなりません。このレースに出場するライダーは、まさに感受性に優れたハイレベルなアスリートなのです。つまり、ツール・ド・フランスのチームに所属するプロフェッショナルなサイクリストにとって、絶対的な信頼のおけるタイヤを持つことが不可欠な条件となります。最高のタイヤ以外は通用しないため、ライダーは一切の妥協を許しません。

このような理由から、トップチームのいくつかは何年間にもわたって、ドイツ・コルバッハのコンチネンタルが製作した高性能タイヤを使い続けています。ドイツの小都市コルバッハにおいて、コンチネンタルは最高級のタイヤを手作りで製作しています。今年は、BMC Racing TeamやLotto Belisol、Orica Green EDGE、Lampre MERIDAといったチームが、コンチネンタルの誇るトップクラスの専門家たちからアドバイスを得ています。

プロのサイクリング・チームは、ツール・ド・フランスのようなレースではチューブラー・タイヤ(チューブ状のタイヤ)を使用します。このタイヤは、アマチュア用のシリンダー・タイヤとは異なります。シリンダー・タイヤは分離した内部チューブを覆うような構造になっていますが、プロ用のチューブラー・タイヤ(チューブ)は、シームが1つだけの単一構造です。この構造が、チューブを軽量かつ柔軟にしています。また、タイヤは非常に高い気圧下での膨張にも対応できなければなりません。レジャー向けの自転車ではタイヤの空気圧が6バール程度であるのに対し、プロのサイクリング・チームでは特別なタイヤを使用し、空気圧を最大で15バールに設定しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング