【生活トレンド研究所レポート】「今どきの旅行」に関する調査を実施

@Press / 2013年8月20日 15時30分

グラフ1&2
株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)が運営するマーケティング・チャネル「生活トレンド研究所」は、第10弾のレポートとして、旅行やマーケティングの専門家3名を研究員ガイドに迎え、「旅行」に関するアンケート調査を実施しました。
調査期間は2013年8月5日(月)~2013年8月7日(水)、1都3県在住の20~64歳男女計1011名から有効回答を得ました。

■「生活トレンド研究所」のURL: http://allabout.co.jp/trend_lab/


【調査のポイント】
1)「マーケティング」ガイド 安部 徹也氏
 過去2年間における国内旅行経験者が76.3%なのに対し海外旅行は29.2%
 しかし、海外への旅行意向は48.7%と高め
「今年の夏休みは、アベノミクスによる景気浮揚期待から、3年ぶりに家計の夏休み予算が増加して国内旅行が堅調な伸びを示す反面、海外旅行は円安が急速に進み、“お得感”が薄れてきたことなどから減少に転じました。」(安部氏)

2)「旅行」ガイド 村田 和子氏
 「若者の旅行離れ」は過去のもの!?
 20代は積極的に旅行をしている傾向、人気は「スキー・スノボ」、「フェス・ライブ・コンサート」
「『スキー・スノーボード』については、『19歳はリフト料金が無料』など、若者がデビューする機会を狙ったファン拡大策もとられており、今後ますますこの傾向は強くなることが予想されます。」(村田氏)

3)多趣味の人は旅行好き!?
 多趣味の人の海外旅行実施率は、そうでない人の2倍以上
「旅が単なる観光ではなく多様なスタイルを持つようになった昨今、趣味の延長線上で、あるいは趣味を通じた交友関係の広がりから旅へ行く機会が増えるものと推測します。」(村田氏)

4)「旅館」ガイド 山田 祐子氏
 旅行にかける平均予算は5万円未満
 若者は「民宿」や「ゲストハウス」がお好き!?
「格安航空券パッケージツアーこそ若者の旅の代名詞のように言われてきましたが、バーチャル世界では手に入れることのできない『リアルな繋がり』こそ、若者にとっては対価を支払いたい対象なのではないでしょうか。」(山田氏)


1)過去2年間における国内旅行経験者は76.3%ながら、海外は29.2%のみ
 しかし海外旅行意向は全体で48.7%も
今回の調査で、ここ2年の間に国内旅行、海外旅行に行ったかどうかを聞いたところ、76.3%の人が国内旅行をしているのに対し、海外旅行は29.2%に留まりました(グラフ1 http://www.atpress.ne.jp/releases/38044/1_1.gif )。また、“時間”や“資金”といった制約なしに旅行で行きたいところがあるかどうかの問いに対しては、どの年代においても約40%~50%が海外に行ってみたいという回答をしていました(グラフ2※ http://www.atpress.ne.jp/releases/38044/1_1.gif )。
※「行きたいかどうか」の回答に対して「ある」と回答した人の自由回答を集計。「その他」には“宇宙”や“月”といった項目が含まれています。

@Press

トピックスRSS

ランキング