データセクション、“ネットの声”“電話での声”“実店舗での声”を一括で安価にスピーディーにテキスト分析できる新サービス『イージーマイニング』を東南アジア地域で提供開始

@Press / 2013年8月26日 15時30分

データセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下 データセクション)は、東南アジア地域にてネットの声(ソーシャルメディアの書き込み)を分析するソーシャルリスニングサービスを提供してまいりましたが、この度、“ネットの声”に加え、“電話での声”、“実店舗での声”を分析できるサービスを開始致します。

当社は、日本とベトナムで本サービスを2013年9月1日からスタートし、年内にタイ、インドネシア語の対応を予定しております。
『イージーマイニング』では、これまで多額のコストと専門的な知識が必要だったテキストマイニングを安価で簡単に導入する事が可能です。また、トリプルインフォメーション(ネット・電話・実店舗)を段階的に分析する事によって、より深い顧客分析を実現致します。


【1】トリプルインフォメーション分析が解決できる3つの問題点
データセクションでは“ネットの声”“電話での声”“実店舗での声”を横断的に分析するトリプルインフォメーション分析を提供する事でクライアント企業が抱える顧客情報活用における3つの問題点を解決します。

<問題点1>
膨大なクチコミ情報から自社にとって重要なトピックを判別する事が難しい
ネットやメディアを通して消費者間で話されるクチコミの総量は膨大で、その内容も玉石混交です。これまでのソーシャル分析だけでは、ネット上のクチコミの内容やその話題のボリュームを抽出する事しかできませんでした。
しかし、『イージーマイニング』を使って、カスタマーセンターのログや店舗でのアンケートデータをソーシャル上のクチコミと同様の基準で横断的に分析する事によって、ネット上で話題になっているクチコミが実際の消費行動にどの程度影響を与えているかを集計・比較します。それによって、顧客に対する特定のクチコミの伝播や影響度を可視化し、対応の要否・対応策などを決定する事が可能となります。

<問題点2>
購買心理の変容を認知から購入・リピートまで一貫して分析する事が難しい
トリプルインフォメーション分析では、ソーシャル上でのクチコミを起点とし、電話での声、店舗での声を横断的に分析する事で、消費者の認知・検討・購入・ファン化という購入からリピートまでの心理変容におけるクチコミのトピックとそのボリュームを集計する事が可能になります。そして、各フェーズの話題ボリュームや内容を比較する事によって、どのフェーズをプッシュする事がさらなる拡販に繋がるかを分析する事ができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング