4つの無駄、その改善策は?クチコミプラットフォーム「buzzLife」アンケートレポート

@Press / 2013年9月3日 11時0分

表1 無駄なものは何ですか?(問2)
インタラクティブ・マーケティングをワンストップで手がける株式会社イーライフ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:藤原 誠一郎)は、同社が運営するクチコミプラットフォーム「buzzLife」(バズライフ、 http://www.buzzlife.jp/ )の会員約19万人に対して、無駄だと思うものに関するアンケート調査を行いました。

buzzLife会員は、商品の新しい価値を発見する「創造的消費」を行い周囲と積極的に交わる、いわゆるアクティブ・コンシューマーの要素が強く、無報酬の活動にも関わらずbuzzLifeの諸活動に積極参加し自分の意見を発信する特徴があります。今回は「無駄なもの」をテーマにアンケートを実施したところ、約3,614名の会員から自由記述を伴う回答が寄せられました。
※この「buzzLife」アンケート結果は、「buzzLife」ホームページ内でも公開しています。
URL: http://www.buzzlife.jp/survey/2013/130801/


■年代・世代を問わずこれが無駄!の4つ
まずは無駄なものの有無を尋ねたところ、全体の7割弱が「ある」と回答。性別・年代等による差は見られませんでした。

そして、無駄なものが「ある」と回答した人(3,127名)にその内容を自由記述で尋ね、その内容から頻出単語をカウントしたところ
・議員・政治家・国会などの「政治家」
・包装・ケースなどの「過剰包装」
・お中元・お歳暮・年賀状などの「慣習」
・タバコ・パチンコ・ゲームなどの「趣味嗜好」
の4つに関連する単語が多く見られました。

そのうち政治家・お中元はアンケートの回答時期(2013年7月上旬、参議院議員選挙期間中)にも影響を受けていると見られます。
性別では女性の方が過剰包装を、また年代別では20代でタバコ、30代で過剰包装を挙げる人がそれぞれやや多い傾向が見られたものの、こちらも全体傾向と大きく異なる部分は見られませんでした。つまり性別・年代を超えて無駄と感じるものは同じということになります。

表1 無駄なものは何ですか?(問2)
http://www.atpress.ne.jp/releases/38358/1_1.png


■どうして無駄なのか? 改善策は? それぞれの理由
続いて、無駄なものを挙げた理由と対策についても自由記述で回答してもらい、頻出の係り受け(名詞と動詞/形容詞の組み合わせ)をカウントしました。そこから見えてきた理由と改善策は?

@Press

トピックスRSS

ランキング