ユニ・チャーム、市立札幌病院と共同で創傷※1研究 『ライフリー ファインケアシート』を使用した臨床研究 ~第5回日本創傷外科学会総会・学術集会(2013年7月12日)にて発表~

@Press / 2013年9月5日 11時0分

『ライフリー ファインケアシート』
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、創傷治癒の専門医(市立札幌病院形成外科、医療法人社団廣仁会褥瘡・創傷治癒研究所、中村記念病院看護部、健和会大手町病院形成外科、原土井病院内科)と共同で、各創傷における検証で創傷用スキンケア製品『ライフリー ファインケアシート』を使用しました。また、今回の研究成果については2013年7月12日の第5回日本創傷外科学会総会・学術集会にて発表しました。

※1 創傷(=創部)とは、様々な要因で起こる体表組織の物理的な損傷部の総称

『ライフリー ファインケアシート』
http://www.atpress.ne.jp/releases/38381/1_1.jpg


■研究の背景
今後ますます高齢化が進むことで介護に関する問題が深刻化する中、ベット上や車椅子などで、長時間同じ体勢を保つことでおこる肌トラブルのひとつ「褥瘡※2」などの創傷の発生数が増加すると予測されます。当社は、紙おむつや生理用品の開発をする中で、体液の吸収をコントロールする吸収体技術を確立してきました。創傷の治癒促進には、創傷面からの滲出液(しんしゅつえき)※3を吸収し適度な湿潤状態を保つことが重要とされています。
そこでこの度、創傷の検証で当社の吸収体技術で開発した創傷用スキンケア製品『ライフリー ファインケアシート』を使用しました。創傷を抱える方の苦痛を少しでも和らげ、症状の改善をしてあげたいという思いのもと、創傷治癒について5つの病院、研究所と共同研究を行いました。

※2 褥瘡(じょくそう)とは、長期間同じ体勢で寝たきり等になった場合、体と支持面(多くはベッド)との接触局所で血行不全となることで周辺組織に壊死を起こすもの。床ずれ(とこずれ)とも呼ばれる。
※3 内部から表面にしみ出てくる液で、特に細菌性の炎症を起こしたときなどに血管外へしみ出てくる液のことをいう。


■研究の概要
対象  :4病院 28症例 32部位
使用期間:2012年6月~2013年3月 最長で21日間
使用方法:『ファインケアシート』は120×120mmで基本型と固定用フィルム付きの2種類を用意し、創の大きさが120mm以下は固定フィルム付き、120mm以上は基本型を使用しました。また、植皮※4には基本型を使用し、一部の症例でVAC※5システムを併用しました。褥瘡、外傷、熱傷、採皮創では連日、植皮部では数日間隔でシートを交換し、創傷の大きさ、深さ、滲出液の量を7日毎に評価、同時に写真撮影を行いました。テスト終了後、担当者に使い勝手についてアンケートを行いました。

@Press

トピックスRSS

ランキング