BIツールに自動解析機能をプラス!ビジネスデータ分析とTwitter分析ができる新サービス「QlikView Connector for Bazil」のβプログラムを提供開始〜クラウドベース機械学習分析サービスをQlikViewで利用できるコネクタをアシストが独自開発して提供〜

@Press / 2013年11月12日 11時45分

(図1)会員サービスにおける顧客属性分析
 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、以下アシスト)は、取扱製品である高速インメモリBIツール「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテック・ジャパン株式会社)を利用して、株式会社Preferred Infrastructure(本社:東京都文京区、代表取締役社長 最高経営責任者:西川 徹、以下PFI)が提供する日本初のクラウドベース機械学習分析サービス「Bazil」へ接続する「QlikView Connector for Bazil」を独自開発しました。本日より2013年12月27日までの期間限定で、先着50名に「Bazil」および本コネクタ(βプログラム)を無償で提供する「QlikView Connector for Bazil βプログラム無償キャンペーン」を実施します。

 アシストはこれまでにも FacebookやTwitterのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)分析を可能にするコネクタ(*)を独自開発し無償提供するなど、QlikView導入企業へのサービス向上や導入検討中の企業に向けた積極的なマーケティング活動を展開し、2009年3月のQlikView販売開始以降導入企業は550社を超え、5年連続でQlikViewの国内No.1の導入およびサポート実績を誇ります。
*「QlikView Facebook FanPages Connector」、「QlikView Facebook Insights Connector」、「QlikView Twitter Connector」を独自開発し提供中

 このたび、BIツール・ユーザへのさらなる付加価値を提供するため、アシストはPFIが提供する「Bazil」へ接続する「QlikView Connector for Bazil」(βプログラム)を独自に開発しました。人間が何か物事を決める時に現状知り得た様々な根拠を基に結果を推定するように、Bazilはオンライン線形分類器の技術を使い、複数のデータから隠れた法則の発見や、予測要因の解釈を可視化するツールです。「QlikView Connector for Bazil」によりQlikViewとBazilを接続することで、現場をよく知るビジネスパーソンが一歩進んだビジネスデータ分析を行える、また、ビジネスデータ分析の専門知識のないユーザでもワンクリックで自動解析まで行えるような、一歩進んだBIである「BI+(びーあいぷらす)」を実現します。

@Press

トピックスRSS

ランキング