川崎初の恋人の聖地「ラ チッタデッラ」で、特別なクリスマスを!NATALE(ナターレ) 2013 ~ラ チッタデッラのクリスマス~ 11月22日(金)~12月25日(水) 山下達郎「クリスマス・イブ」30周年×LA CITTADELLA スペシャルコラボ企画を実施!

@Press / 2013年11月13日 12時30分

今年のイルミネーションイメージ
JR川崎駅前の複合商業施設「ラ チッタデッラ」(神奈川県川崎市川崎区、運営:株式会社チッタ エンタテイメント/代表者:美須孝子)では、クリスマスイルミネーション点灯式を11月22日(金)に実施し、12月25日(水)まで点灯いたします。

今年のイルミネーションのテーマは“Sweet Xmas”。クリスマスの天使がガラスのタワーに現れると、雪と星を降らせ、降り積もった雪がツリーへと形作られていく、動きのあるイルミネーションの演出が見所です。
点灯式は11月22日(金) 18:30~、エリア一帯が約13万球のイルミネーションで彩られます。

そして、今年のXmasイベントは、あの国民的名曲であり、クリスマスソングの定番、山下達郎の「クリスマス・イブ」とスペシャルコラボ企画を実施します!
リリースから30周年を迎えることになり、30周年記念リマスター盤が11月20日にリリースされ、それに併せて、これまでオフィシャルな映像が存在しなかった「クリスマス・イブ」のミュージックビデオ(MV)を制作。そのMVロング・バージョンとして、オリジナル脚本によるショートフィルムが制作されました。LA CITTADELLAはそのメイン舞台に!
初回盤限定のこの映像を、LA CITTADELLAの点灯式で特別上映いたします。

しかもMVとショートムービーに24年の時を経て、牧瀬里穂さんがスペシャルゲストで登場しています!
1989年に制作されたJR東海のテレビCM「クリスマス・エクスプレス」の主人公。当時17歳の牧瀬さんが注目を集めるきっかけとなったCMのBGMが、山下達郎の「クリスマス・イブ」を世に広めるきっかけとなりました。あれから24年の時を経て、「クリスマス・イブ」との再会を果たした牧瀬さんは、「クリスマスに家族や、好きな人と一緒に過ごしたいという気持ちは、私がCMに出演した17歳の頃から変わらずありますが、このショートフィルムに出演して、あらためて“恋がしたい!”と思いました。人を信じて待っているその時間は、本人にとってはせつなく辛いのですが、それはキレイで尊い時間だとあらためて感じました。クリスマスという素敵なシーズンを大事な人とこのショートフィルムを見て過ごしていただけたら嬉しいです。」とコメントを寄せております。

牧瀬さんのゲストシーンの撮影がLA CITTADELLAで行われたのは10月30日。
牧瀬さんは、ヒロイン(広瀬すず)が恋人を探しもとめて、街を徘徊する中、すれ違いざまにぶつかる通行人を演じています。これは、24年前の「クリスマス・エクスプレス」CMで、ヒロインを演じた牧瀬さんが、恋人に会うために駅構内を走っている際、サラリーマンとぶつかってしまうシーンのオマージュ。今回は、楽曲「クリスマス・イブ」同様、恋人に会いたい気持ちはいつの時代も変わらない、ということを、このワンシーンが見事に映像化しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング