日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【首都圏編】「いま注目されている」明治大学、「高い専門性」東京工業大学 国際性では、上智大学、東京外国語大学、国際基督教大学が上位

@Press / 2013年11月22日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で7年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」の結果をまとめ、11月22日に調査結果報告書を発行・発売します。

 全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む方に、大学に対するさまざまな評価をいただきました。本リリースは、【首都圏編】有職者からの回答結果に関するものです。

本リリースURL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_3/


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)
・東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学がトップ3に

■その大学「ならでは」の魅力として
・「いま注目されている」第1位に明治大学、「高い専門性」第1位に東京工業大学
・国際性を測る3項目は、上智大学、東京外国語大学、国際基督教大学がTOP3を独占

大学ブランド・イメージ調査 2013-2014 URL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/report/ub2014/

【調査結果データ】
■大学ブランド力トップ3は東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学
首都圏の主要大学120校における「大学ブランド力」第1位は、87.7ポイントを獲得した東京大学。第2位は早稲田大学(84.0ポイント)、第3位は慶應義塾大学(83.3ポイント)、第4位に上智大学(70.6ポイント)、第5位に一橋大学(69.5ポイント)が続いた(表1)。公立大学の最高位は第34位の横浜市立大学(51.7ポイント)となった。

■「いま注目されている」明治大学、国際性の高い上智大学、東京外国語大学、国際基督教大学
 大学のイメージについて49項目それぞれの結果を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表2)。今回の調査では、「いま注目されている、旬である」大学として、明治大学が第1位となった。明治大学は、「親しみが持てる」、「広報活動に力を入れている」の各項目でも第1位を獲得。大学が発信している魅力がステークホルダーに伝わり、親しみあるイメージを持たれていることが確認できる。
 また、「高い専門性、専門知識を有する」では東京工業大学が第1位に、「誠実である、正直である」ではお茶の水女子大学が第1位になった。
 国際性を測る「グローバル/国際交流が活発」「留学生の受け入れが活発である」「語学に長けている」の3項目ではいずれも、上智大学、東京外国語大学、国際基督教大学の3校が、TOP3となっている。

@Press

トピックスRSS

ランキング