ストックオプション付与概況 株式報酬型ストックオプションへのシフトが定着

@Press / 2013年12月26日 15時0分

【東京】2013年12月26日(木) -- タワーズワトソン(NYSE、NASDAQ:TW)は、日本企業のストックオプションの付与概況に関する調査を実施しました。本調査は、2012年7月1日~2013年6月末日までの1年間に、ストックオプションを実際に付与した事実を、プレスリリースにより発表した企業を対象に集計したものです。


●調査結果概要:
(1) 全上場企業ベース
1. この1年間に付与した企業は476社(昨年:448社)
2. 上記476社の内訳は以下の通り
  A) 通常型ストックオプションを付与した企業は206社(昨年:232社)
  B) 株式報酬型ストックオプションを付与した企業は300社(昨年:252社)
  C) 両方を付与した企業は30社
3. 2013年6月末時点での全上場企業の約4割が過去に1度以上付与を実施
4. 昨年調査においてストックオプションを付与した448社中314社が本年も付与、昨年からの継続率は約70%

(2) 時価総額(2013年6月末日時点)上位100社ベース
1. この1年間に付与した企業は38社(昨年:36社)
2. 上記38社の内訳は以下の通り
  A) 通常型ストックオプションを付与した企業は12社(昨年:15社)
  B) 株式報酬型ストックオプションを付与した企業は32社(昨年:27社)
  C) 両方を付与した企業は6社
3. 100社中、過去に1度以上ストックオプションの付与を実施した企業は61社
4. 昨年調査においてストックオプションを付与した36社中33社が本年も付与、昨年からの継続率は約92%


●タワーズワトソン ディレクター 経営者報酬部門統括 森田純夫のコメント

今期は、全上場企業で1年間に株式報酬(通常型ストックオプションと株式報酬型ストックオプション)を付与した企業が前期の448社から476社と、6%程度増加した。通常型ストックオプション付与企業数が1割以上減少している一方で、株式報酬型ストックオプション付与企業数が300社に達し、昨年から約20%増えている事が増加の主たる理由である。

本年の調査結果は、株主価値との連動を重視する株式報酬型ストックオプションへのシフトを明瞭に裏付けるものである。タワーズワトソンが内部で行っている別の調査によれば、ストックオプション(株式報酬型を含む)について、権利行使の際に一定の業績の達成を条件として定める企業も、ごく一部であるものの、現れ始めており、またその数は増加傾向にある。こうした動きも、株主に対する説明責任を果たそうとする企業の努力の表れといえよう。また、マネジメントのグローバル化に合わせ、グローバル共通の長期インセンティブ制度を検討・導入する日本企業も現れ始めている。これらの変化はいずれも、各国企業に共通してみられるものであり、長期インセンティブの領域における「グローバル化」の萌芽を示唆している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング