アスプローバサミット2014開催!2月7日(金)JR東京駅前/丸ビルホール“Japan is back!”製造業の「更なるグローバル競争力強化へ向けて」

@Press / 2013年12月26日 10時30分

特別講演 佐藤 秀男氏
SCM/生産スケジューラシステム「Asprova(アスプローバ)」の開発・販売を展開するアスプローバ株式会社(本社:東京都品川区、代表:代表取締役社長 高橋 邦芳)は、創立20周年記念事業の一環として「アスプローバサミット2014」を2014年2月7日(金)に開催致します。本会では200名からの製造業関係者をお迎えし、“Japan is Back”をテーマに更なるグローバル競争力強化へ向けて、世界展開の現状など数多くの事例をご紹介。参加者にITがいかに世界を身近なものにしているのかを実感して頂き、経営戦略や生産計画へのヒントを掴んで頂ける1日となっております。

※SCM=サプライチェーン・マネジメント(材料・部品の供給から加工・製造・流通を経て顧客へ引渡すまでの、物の流れ・加工プロセスの連鎖を管理する、の意)


■「アスプローバサミット2014」実施概要
イベント名: 創立20周年記念「アスプローバサミット2014」
主催   : アスプローバ株式会社
日程   : 2014年2月7日(金) 13:00~20:00(受付開始 12:30)
会場   : JR東京駅前 丸ビルホール
       (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)
申し込み : 事前予約が必要です。下記URLから申し込み願います。
       http://www.asprova.jp/seminar/summit2014.html


■特別講演
講演者:株式会社ツムラ 情報技術部 シニアマネージャー 佐藤 秀男氏

講演名:
「漢方薬トップシェアのツムラにおける計画主導SCMシステム事例」
―事業計画とサプライチェーン計画の連動による事業活動の全体最適化をめざして―

講演概要:
在庫は企業の収益とキャッシュフローに多大な影響を与えます。この課題をクリアにするため、SCM計画において製品や仕掛品、在庫などの「数量」情報を、原価などと結びつけた「金額」情報に変え、事業計画にどのようなインパクトがあるかをモニタリングしなければなりません。本講演では、事業計画においてSCM計画と連動することで事業活動全体の最適化をめざす取組みを紹介させて頂きます。

略歴:
1982年、株式会社ツムラに入社。今年でツムラのITを担って31年を迎えた。生産系~基幹系、インフラなど偏りがなく様々な社内のシステムを歴任。2000年からはシステムのアウトソーシングやB2Bの積極的な利用を推進。2003年から3年間経営企画室に異動。2006年10月から情報技術部部長を歴任し2013年11月から現職。

@Press

トピックスRSS

ランキング