インタラクティブ・メトロノーム一般公開セミナー1月18日開催(大阪)

@Press / 2014年1月6日 13時0分

前回セミナー風景
一般社団法人次世代リハビリテーション研究所(所在地:大阪市西区、代表理事:辻下 守弘)は、アメリカ発の最新トレーニングメソッド「インタラクティブ・メトロノーム」を分かりやすく解説する一般公開セミナーを、2014年1月18日に大阪で開催いたします。

『インタラクティブ・メトロノーム一般公開セミナー』
http://www.im-japan.com/seminar.html


【セミナー概要】
現在コミュニケーションが難しい子どもたちや脳卒中などの神経疾患患者、そして認知の問題を抱えるお年寄りが全国的に増えています。また今後、医療機関以外で認知の問題や発達の障害に対する予防やサポートのニーズが高まることが予想されています。そこで今回、アメリカ発の最先端メソッド「インタラクティブ・メトロノーム」を分かりやすくお伝えするセミナーを開催することになりました。
今回のセミナーでは、インタラクティブ・メトロノームの基礎的な理論と具体的な実践方法およびその効果について分かりやすく解説いたします。また、医療現場、教育現場、介護現場での応用方法についてもお伝えします。


【インタラクティブ・メトロノームとは?】
インタラクティブ・メトロノームとは、1990年代初頭にアメリカで開発されました。その後研究や臨床現場での応用が進み、現在アメリカやカナダなど欧米を中心に世界30カ国以上で使用されており、2万人以上のトレーナーによって、30万人以上の人々がこれにより改善したという実績があります。
コンピューターをベースにした特殊な機器を使ってリズムトレーニングを行なうことで、脳内にある神経時計を厳密にチューニングします。特にリズムとタイミングを1,000分の1秒という厳密さでトレーニングしていくことが特徴です。タイミング能力には、高度な時間情報処理能力とそのための注意資源分配が要求され、46野を中心とした前頭前野のワーキングメモリー(※)が関与するといわれています。
タイミング能力を強化しワーキングメモリーを活性化することで脳機能の改善につなげよう、というのが科学的根拠となっています。

難しいエクササイズや辛いトレーニングは一切行ないません。薬を飲む必要もなければ、痛みを伴う施術も行ないません。利用者は遊び感覚の楽しいトレーニングエクササイズを行なうだけ。リスクが一切ないのがこのメソッドの大きな利点です。

※ワーキングメモリーとは
情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程を指す構成概念で、作業記憶、作動記憶ともよばれています。ワーキングメモリーを鍛えるトレーニングは主にADDやADHDなどを含む注意障害、自閉症などの発達障害の改善に利用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング