ベネクスリカバリーウェアのフラグシップモデル「リチャージ」より、半袖タイプの『リチャージ ショートスリーブ』3月1日発売

@Press / 2014年2月18日 11時0分

着用イメージ
株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下 ベネクス)は、2月にスポーツ直後の休養時専用ウェア『リチャージ ロングスリーブ/ロングタイツ』を発売いたしました。
この製品に、新たなカラーバリエーションとして「アイボリー」を追加した半袖タイプ、『リチャージ ショートスリーブ』を2014年3月1日より発売開始します。


【リカバリーウェアについて】
ベネクスは、パフォーマンスを向上させるために必要な鍵は『休養』が握っていると考えます。リカバリーウェアはその『休養』に着目し、「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」をコンセプトに、ベネクス・東海大学・神奈川県との産学公連携事業により開発しました。2013年には、世界最大のスポーツ用品見本市「ISPO」で日本企業初の金賞を受賞しました。

■リカバリーウェアを支える2つのメカニズム
1.特殊素材PHT
ベネクス独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの各種鉱物を組み合わせた特殊素材“PHT”。このPHTを繊維1本1本に練り込んで作ったリカバリーウェアは、休養時の体を優しく包み込み、体力が回復しやすい環境を整えます。洗濯を繰り返しても機能性が失われることはありません。

2.体を締めつけない非着圧デザイン
体を締め付けない“ノンコンプレッション”デザインで、ゆったりとした着心地を実現しました。パターンや縫製にもこだわり、スポーツ後、移動中、睡眠中など、どんなシーンでも肌や体に余計なストレスを感じさせません。通気性・吸汗性にも優れ、いつでも快適に過ごすことができます。


【リチャージモデルの特長】
・体の凹凸に沿うパターンなので、心地よいフィット感がありながら、体の動きを妨げない。
・肌当たりのストレスを和らげる為に、2枚の生地を縫い合わせる部分の裏側が膨らまずにフラットな状態に仕上げるフラットシーマを採用。
・ベネクスのリカバリー理論から生まれたストレスフリーカッティング(※1)で心地よい着用感を実現。

※1 休養時、就寝時の(寝る、座る)姿勢の不快感を軽減するために切替え線を前身頃側にレイアウトした設計。


【リカバリーウェアの活用シーン】
ベネクスのリカバリーウェアは今後活用シーンに合わせて「リチャージ(スポーツの直後に)」「リフレッシュ(移動時やインターバルに)」「リラックス(リラックスタイムや就寝時に)」の3モデルを展開してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング