【生活トレンド研究所レポート2014 vol.4】「増税前の駆け込み購入」に関する調査を実施(速報) ~過去1~2年内の新築住宅購入者の約6割の購入理由が「消費増税」~ ~購入予定も含めると、2人に1人が何らかの「駆け込み購入」をしていることが明らかに~

@Press / 2014年3月27日 16時0分

グラフ1
株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)が運営する「生活トレンド研究所」は、2014年第4弾のレポートとして「増税前の駆け込み購入」に関するアンケート調査を実施しました。
2014年4月1日(火)から、消費税が5%から8%に上がることを受けて消費が賑わいを見せている中で、実際に“住宅”や“車”、“家電”といった高価格帯の商品はどう動いたのか、消費財等も含めるとどうだったのかをインターネット調査で浮き彫りにしました。調査期間は2014年3月10日(月)~2014年3月11日(火)、全国の20~59歳男女から有効回答を得ました。

■「生活トレンド研究所」のURL: http://allabout.co.jp/trend_lab/


■調査結果サマリー
※「住宅」、「車」、「家電」の詳報は後日ご案内いたします。

【住宅】
・全国の7%がここ1~2年の間に「新築住宅」か「中古住宅」を購入
・新築住宅購入者のうち61.3%が、購入理由として「消費税が上がるから」と回答
―「元々この時期に買おうと思っていた」は25.2%
<専門家(「不動産売買」ガイド:平野 雅之氏)コメント>
「消費税が上がるから」という理由はある程度高くなると予想していたが、その予想を上回る高さ。住宅の駆け込み需要が生じていたことがうかがえる。

【車】
・消費増税を理由に車を購入した人は全国で1割程度
<専門家(「車」ガイド:小池 りょう子氏)コメント>
メディアが伝えていたにも関わらず、少なかったように感じる。自動車は高額商品のため、メディアの情報に煽られずに冷静に検討している人がほとんどだったのでは。

【家電】
・5人に1人が「消費増税」を理由に何らかの家電を購入
<専門家(「家電」ガイド:戸井田 園子氏)コメント>
感覚値としては妥当な数値。購入予定で、増税を見越して早めに購入した人も含まれていることを考えると、意外と生活者は冷静であったと感じている。

【全般】
・3月31日までの購入予定者も含めると、2人に1人が何らかの商品を「駆け込み購入」している
・購入したものは、「家電」や「日用品」、「食料品」が多数
<専門家(「家計簿・家計管理」ガイド:山口 京子氏)コメント>
半数以上が増税前に購入、あるいは購入予定と回答しており、増税の大きな影響力を感じている。


【住宅編】
1) 新築住宅購入理由の1位は、「消費税が上がるから」(61.3%)
全国の20~69歳の8,809名を対象に、ここ1~2年の間に新築住宅/中古住宅を購入したかどうかを聞いたところ、新築住宅は5.3%、中古住宅は1.7%、購入見送りは3.7%という結果になりました(グラフ1 http://www.atpress.ne.jp/releases/44770/img_44770_1.gif )。
また、新築住宅購入者のうち111名、中古住宅購入者のうち96名に対し、購入理由を聞いたところ、「消費税が上がるから」と答えた人が一番多いことがわかりました。新築住宅購入者については、次に多かった「価格が上がりそうだから」よりも2割以上多く、消費増税が住まい購入の契機の一つであったことがうかがえます(グラフ2 http://www.atpress.ne.jp/releases/44770/img_44770_2.gif )。

@Press

トピックスRSS

ランキング