Violin Memory、Windows All-Flash Arrayを発表

@Press / 2014年4月23日 13時0分

Violin Memory Windows Flash Array
超高速フラッシュメモリーストレージのベンダーであるヴァイオリン・メモリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安田 稔、本社:米国カリフォルニア州)は、本日、Windows Flash Array(以下 WFA)の出荷を開始したことを発表しました。マイクロソフトと共同開発されたWFAは、Windows Storage Server 2012 R2が搭載されるエンタープライズレベルのオールフラッシュストレージアレイとしては初の製品です。WFAの比類ないパフォーマンスにより、サーバーの負荷とアプリケーションの応答時間は劇的に改善されます。WFAは、SQLサーバーやMicrosoft SharePoint、そしてHyper-V仮想化アプリケーションを搭載したWindowsサーバーのパフォーマンスを向上すると同時に、ネットワークやストレージを最大限に自動化して効率的なシステムの構成と運用を実現します。

WFAは、Windows Storage Server 2012 R2とヴァイオリン・メモリーのハードウェアとソフトウェアを統合することで、企業やクラウドのエンドユーザーに高い性能を提供します。お客様は、Windows Storage Server 2012 R2のシン・プロビジョニング、データ重複排除、拡張性、暗号化、優れたスペース効率のスナップショット機能等の実績のあるストレージ機能、そしてフェールオーバークラスタリングを通じての高い可用性が組み込まれたオールフラッシュアレイにより、そのすべての恩恵を受けることができます。

マイクロソフトは、Windows Storage Server 2012 R2の効率性や機能セットを常に改善してきましたが、WFAにより、最も重要な外部ストレージとの接続性を改善し、あたかもローカルストレージのように高速に稼働させることを実現しました。WFAのリモートDMA(RDMA)によるサーバーメッセージブロック(SMB)ダイレクト・プロトコルにより、従来のSANに代わる魅力的なエンタープライズクラスのストレージが実現します。マイクロソフトのテストによると、SMBダイレクトはCPUの負荷を最大30%減らす一方で、ネイティブのウィンドウズ・サーバー管理ツールにより、低価格で管理が容易な高性能ストレージを実現することができます。

SQLサーバーは、お客様がオンライントランザクション処理(OLTP)、データウェアハウジング、ビジネスインテリジェンス、アナリティックス等、業務をまたいだミッションクリティカルなアプリケーションを構築できるエンタープライズクラスのデータベースです。そしてこれらの企業向けアプリケーションは、WFAの恩恵を最大限に受けることができます。2012 SQLサーバー搭載のWFAをベータテストしたお客様は、ファイバーチャネルで接続された一般的なオールフラッシュアレイに比べて、WFAは2倍の書き込み速度と1.5倍の読み込み速度の向上が確認できたと報告しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング