HOUSE DJ“DAISHI DANCE”×世界的EDMアーティスト×ライティングアート クラブイベント『Heineken GREEN ROOM SESSIONS』6月7日に「ageHa」で開催

@Press / 2014年5月28日 17時0分

Heineken GREEN ROOM SESSIONS presents DAISHI DANCE -the E.D.M. set-
ハイネケン・キリン株式会社(所在地:東京都中央区)は、6月7日、エンターテイメントスペース「ageHa」にて、クラブイベント『Heineken GREEN ROOM SESSIONS』を開催いたします。

音楽はハイネケンのブランドコミュニケーションにおいて、重要なプラットフォームのひとつです。グローバルでは年間400以上の音楽イベントをサポートし、世界各国のクラブシーンでもトップクラスのDJ・アーティストを招いたイベントを開催しています。
2012年のミラノサローネでは、世界中からファッション、プロダクト、建築、映像分野の新鋭クリエイターを募集し、クラブを作るプロジェクトを実施。フューチャリスティックなナイトライフを提案しました。
日本では2013年にHeineken Star Loungeを原宿に期間限定でオープン。世界的建築家クライン・ダイサム・アーキテクツによる洗練された空間に、連日多数の有名DJを招聘。夕方早めの時間からトップDJの選曲を楽しむウォームアップバーという新しい遊び方を提案しました。

そして2014年、ハイネケンは世界トップクラスのアーティストによる、究極のエレクトロニック・ダンス・ミュージックとユニークなヴィジュアルテクノロジーを体感できる革新的なクラブイベント『Heineken GREEN ROOM SESSIONS』を実施します。
その第一弾は日本最大級のエンターテイメントスペースageHaにて6月7日(土)に開催。DAISHI DANCEが世界のトップEDMアーティスト、オランダ出身のLaidback Lukeを招いて送るスペシャルパーティーにライティングビジュアルアーティストJames Clarが一夜限りのライティングアートで共演。音と光をインタラクティブに体験できる『Heineken GREEN ROOM SESSIONS』です。


『Heineken GREEN ROOM SESSIONS』とは、音楽シーンをサポートするために開催される、極上のエレクトロニック・ミュージックと、ユニークなビジュアル/インタラクティブ体験でインフルエンサーを刺激する革新的なクラブイベントです。

■DATE
2014年6月7日(土) OPEN/23:00~

■料金
DOOR ¥4,000/ageHa MEMBER ¥3,000/前売 ¥3,300
※前売チケット:e+(イープラス)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002127580P0050001P006001P0030001

■PLACE
ageHa
所在地: 〒136-0082 東京都江東区新木場2-2-10
URL  : http://www.ageha.com/access/


<<ARTIST>>
【ARENA】
GENRE   :EDM
GUEST   :Laidback Luke[NED]
RESIDENT  :DAISHI DANCE
VJ     :BENZENE by VMTT、REZ
DANCER   :CYBERJAPAN DANCERS
POLE DANCER:ageHa POLE DANCE UNIT【NO.A】
LASER   :VenusLaser
LIGHTING  :ASHIMINE

【WATER】
TITLE :N゜6
GENRE :HOUSE/EDM
LINE UP:tAisuke、DJ YASK、Yu-ji

【BOX】
TITLE  :POSING
GENRE  :OPEN FORMAT
RESIDENT:TOKYO POSE POSSE
GUEST  :KEN WATANABE
LINE UP :ZAWA fr. ISLAND FARMERS、TYGA、FUMI、NACO、COVY、TETTA、MATSU


<<ARTIST PROFILE>>
【ARENA】
■Laidback Luke[NED]
現在のダンス・ミュージック・シーンを語る上で、フィリピン生まれ、オランダ育ちの次世代DJ/Producer、Laidback Lukeの存在を無視することは出来ないであろう。
自然と身体が動かされてしまうハウス・ビートと、ゲットー感満載のトランシーなベースラインを兼ね備えたハイブリッドなサウンドは、多くの著名DJ、アーティストの注目の的である。
その証拠として、David Guetta、Diplo、A-Trak、Steve Aoki、Wynter Gordon、Martin Solveig、Chuckie、Arno Costと仕事を共にし、Black Eyed Peas、Calvin Harris、Christina Aguilera、Mobyのリミックスを手掛けている。
Madonnaの“Give Me All Your Luvin'”とChris Lakeの“Sundown”は最近手掛けたリミックスの中でも記憶に新しい。
この他Swedish House Mafiaとの共作“Leave The World Behind”は、<インターナショナル・ダンス・ミュージック・アワード>と<Beatportミュージック・アワード>にて『ベスト・ハウス・トラック』にノミネートされ、マイアミWMCにて開催された彼自身のパーティー[Super You&Me]は、ソールド・アウトになるほどの人気である。
2008年にはIbizaのクラブを総なめにし、同年のシーズン終わりにはイギリスのダンスミュージック専門誌、《Mix Mag》のために【Ibiza Closing Party Mix】コンピレーションを制作。今年は、2カ月にわたる全米ツアー[Speak Up]を成功させ、Chuckieと共に制作した“1234”はリリース後、瞬く間にYouTubeの再生回数が5万回を越えるヒットチューンとなり話題を呼んだ。
更に、[EDC]、[Electric Zoo]、[ULTRA]、[Tomorrowland]、[Creamfields]などの巨大フェスティバルにも出演が決定。
エレクトロニック・ダンス・ミュージック・シーンをリードする彼のオリジナリティー溢れるサウンドは必見だ。

■DAISHI DANCE
札幌を拠点に活動するHOUSE DJ/PRODUCER。
メロディアスなHOUSEからマッシブなHOUSEまでハイブリッドでカッティングエッジなDJスタイルでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。札幌の老舗CLUB“PRECIOUS HALL”でのレギュラーパーティは17年目に突入し毎月5時間~8時間ものロングセットDJを披露している。2008年からは、札幌以外にもアジア最大のクラブイベントageHa【ARENA】東京をはじめ、大阪GRAND Cafe・京都WORLD・福岡MILLES・韓国などの国内外の大型メジャークラブでレギュラーパーティをスタート!各地のCLUBにてDJとして出演していて年間150回以上のギグをこなしている。ピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的で2006年から“the P.I.A.N.O. set”、“MELODIES MELODIES”、“the ジブリ set”、“DAISHI DANCE remix.”、“Spectacle.”と毎年自身のアルバムをリリースし、いずれもロングセールスを記録している。多数のリミックスやプロデュース作品、コンピレーションや家電製品への楽曲提供など活動は多岐にわたる。
2012年11月に3年ぶりのオリジナル4thアルバム“WONDER Tourism”をリリース。2013年3月には“MYDJBOOTH.3”MIX CDシリーズ最新作をリリース、更に9月25日にDD名義でのアッパーハウスアルバム”NEW PARTY”のリリースが決定している。
デビュー当初から韓国での活動も本格的に行っていてSEOUL最大のCLUBでのレギュラーDJを務める他、BIGBANG、AFTERSCHOOL、RAINBOWをはじめ韓国の人気アーティストへの楽曲提供も多数手掛けている。
http://www.daishidance.jp/

■BENZENE by VMTT
2009年に旧Xaidepのメンバー3人であるNagatani、Chanman、Ishizawaが新たな自分たちの価値基準の偶像化を目指し結成。2010年よりKIMが加入し、活動を本格化させる。「SUMMER SONIC」をはじめとする大型フェスのオフィシャルVJを勤めるかたわら、オーディオビジュアルイベント「REPUBLIC」、ハイブリットダンスミュージックイベント「RHYTHMHOLIC」のオーガナイズをはじめ、グラフィック制作や映像演出等のジャンルに進出し、活動の幅を広げている。また、最近では様々なアーティストとのコラボも実現し、既存のVJ以外もインタラクティブビジュアルやレーザー、プロジェクションなどトータル的な映像演出プロデュースを行っている。BENZENEは現在進行形で既存の価値基準をRewriteするイメージの創造に日々を費やし続けている。

■REZ
2012年12月より各々VJとして活動していたKAZOE NOBUAKIとblok mがビジュアルライブユニットとして結成し始動。東京のクラブシーンを中心に活動を展開している。
REZの“視覚表現”は音楽と映像と照明を一体化させ瞬間瞬間を刻み、より空間としてのフロアをオーディエンスに感じさせる。
その手法は、VJというプレイを基盤としながらも時にその枠に捕われない演出を取り入れ、視覚表現としてフロアへ返される。
2012年・ageHa COUNTDOWN-ANTHEMS-にアリーナのVJとして出演。
2013年・東京タワーで行われた“Nike Presents:NIKEFUEL×TOKYO TOWER 55TH ANNIVERSARY”にVJとして出演。
   ・ageHa COUNT DOWN 2014 11th Anniversary SpeialにアリーナのVJとして出演/VJシステム統括。
2014年・electroX@幕張メッセのSonic Beats STAGEに出演。

■CYBERJAPAN DANCERS
日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」
House MusicプロデューサーでもあるMITOMI TOKOTOが結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。マネージメントは、CYBERJAPAN inc.。
日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2、Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
PACHA IBIZA、HED KANDI、COCOON、DEFECTED In The Houseと言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!過去共演したアーティストは、David Guetta(Gogo Dancers&“Everytime We Touch”MV出演)、m-flo、2NE1、Afrojack、Tiesto、Skrillex、Cosmic Gate、Ferry Corsten、DJ Chuckie、Norman Doray、Sven Vathらと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。

http://www.cyberjapan.tv/
http://www.myspace.com/cyberjapandancers
http://www.facebook.com/cyberjapandancers

■VenusLaser
2012・2013年度ageHaカウントダウン・ニューイヤーのレーザー演出を担当。
他にもTREASURE HUNTERS、agePa、EDMS、WONDERLAND、DAISHI DANCEといったageHaを代表するパーティのレーザー演出を担当。2013年は国内最大級のトランスパーティー“CyberTrance2013”や“ハロウィン”なども担当し年間合計33回ものレーザーショーをageHaで披露。
コンサート関連では、初音ミク(夏祭初音鑑)、アイドル、ビジュアルバンドなど幅広いジャンルのレーザー演出のほか、初の横浜赤レンガ倉庫レーザープロジェクションマッピング、名古屋ボストン美術館でのレーザーマッピングなどレーザーを使用したプロジェクションマッピング作品を披露している。
その他、VenusLaserオリジナルレーザーの販売、PVやCM撮影時のレーザー演出プログラミング、レーザーシステム「Pangolin」(アメリカ)・「MediaLas」(ドイツ)の国内正規輸入代理のライセンスを所有レーザーショーを中心に幅広く活動を行う、レーザークリエイター集団。

■ASHIMINE
ageHa専属ライティングエンジニア。
2002年ageHa openingより数々のBig partyの照明プランニング、オペレーションを担当。
2012年より世界を舞台に活躍する太鼓集団Gocooのヨーロッパツアー(ドイツ、イタリア、ハンガリー、フランス、ポルトガルetc.)にライティングとして同行するなど国内外に活動中。

■James Clar
ジェームス・クラーは自分の仕事を創り出して行く上で、メディア、テクノロジーが私たちの文化、国籍、アイデンティティ、などのイメージに与える影響を考える事が重要だと捉えています。ジェームスはニューヨーク大学で映像を学んだのち既存の手法にとらわれない自由な発想で、独自のビジュアルシステムを開発。このシステムを通して、ジェームスは2Dのスクリーンから放たれるライティングを、3Dの作品へと昇華させる新たな提案を導き出しました。
2007年から5年間のドバイでの活動ののち、現在はニューヨークにあるスタジオにて創作活動を行っています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング