前代未聞!?の企業が苦しまされるキャンペーン!ソニー・デジタルエンタテインメント VS 消費者

@Press / 2014年6月2日 14時15分

QRコード読み取りで うまい棒 スタンプショップへGO!
株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:福田淳)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川亮)が運営する「LINE STORE」の「クリエイターズスタンプ」にて2014年5月8日から配信した「うまい棒」のダウンロードキャンペーンを2014年6月3日に開始しました。


■【うまい棒スタンプDLで担当者を困らせろキャンペーン】とは?
ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスが現在配信している【うまい棒スタンプ】
( https://store.line.me/stickershop/detail?packageId=1000409)
が1つDLされると、1DLつき1本の「うまい棒」がスタンプ制作担当者のところへ届くキャンペーンを6月3日から開始します。

 特に社会貢献でも何でもなく、担当者のデスクが「うまい棒」まみれになるだけのキャンペーンです。キャンペーン開始に先駆け、2014年6月2日時点でDLされているダンボール4箱分の「うまい棒」が既に担当者のデスクに置かれました。

 担当者がうまい棒まみれになって仕事が出来なくなるか、もしくは担当者、会社がそれを乗り越えるかの闘いという、企業が公式で消費者に挑戦状を送りつけた、ただ企業が苦しむだけのどうかしているキャンペーンです。

 「DLをたくさんされたら困っちゃうくらい嬉しいけど、仕事ができなくなって困っちゃう」、というダブルパンチで困らせる企画。
また、当キャンペーンに備え、会社をあげて万全の体制をとるべく、会議室の1つを“うまい棒ルーム”にし、大量に「うまい棒」が届いても大丈夫なカタチをとり、本気で取り組んでいます。


■担当者に届くうまい棒の数は消費者の皆様次第!
「うまい棒」がどれぐらい届くのかは、消費者の皆様次第です。
担当者のオヤツが増えるだけになるか、「うまい棒」に生き埋めになるのかは皆様にかかっています!担当者が仕事ができなくなる状態だけでなく、“うまい棒ルーム”となった会議室にも入りきらないくらいに「うまい棒」が届いてソニー・デジタルエンタテインメント・サービスが本気で困ったら消費者の皆様の勝利となります。消費者の皆様が勝った場合は賞品のプレゼントも予定。

当キャンペーンの様子はソニー・デジタルエンタテインメント・サービスのtwitter(@Sony_Digital )やブログでリアルタイムに伝えていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング