気分が憂鬱になる梅雨時の主婦の救世主!!お母さん複雑…手抜きした方が喜ばれちゃう?贅沢気分になれる冷凍食品No.1は、「ハンバーグ」 『ハインツ 晩ご飯レポート』 ~第2弾~<主婦309人に聞いた「手抜きしたい日の晩ご飯メニュー」>

@Press / 2014年6月5日 14時30分

手を抜きたい日の調理時間」は、約30分以内!!
デミグラスソース・ホワイトソースなどの洋風のクッキングソースなどで日本の洋食文化を支えてきたハインツ日本株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:ポール モリ)は、日本の晩ご飯をより豊かに楽しくする方法を探るため、晩ご飯に関する意識調査を実施し、『ハインツ 晩ご飯レポート』として発信していきます。
これからの5月~6月は梅雨の季節。毎日家事をこなす主婦にとって、気分もやる気も少し落ちてしまう時期です。そこでハインツ 晩ご飯レポート第2弾の今回は、「手抜きしたい日の晩ご飯メニュー」について、主婦309人にアンケートを実施しました。


【「手を抜きたい日の調理時間」は、30分以内!!】
本調査では、「手を抜きたい日の調理時間」についてアンケートしたところ、普段の晩ごはんの調理時間が「1時間以内」(34.3%)が最多であるのに対し、手を抜きたい日は「30分以内」(35.9%)が最多という結果になりました。
家族のために、晩ご飯を作ることが多い主婦も、いつも時間と手間をかけて作れるわけではありません。「たまには、30分以内で手軽に済ませたい」というのが本音のようです。

【疲れた主婦の救世主、「冷凍食品」! 「本格的」、「自分で作るよりおいしい」などの声多数!】
内食傾向も後押ししてか、近年、市場拡大傾向にある「冷凍食品」。昔は「安かろう、不味かろう」のイメージも強かったですが、今回の調査で「最近の冷凍食品の味について、どのように感じていますか」と聞いたところ、第1位が「本格的なものが増えてきた」(50.9%)、第2位が「自分で作るよりおいしいものが増えてきた」(23.7%)と、その味を評価する声が大多数を占めている結果に!!手軽に本格的な味を楽しめることが、主婦に冷凍食品が重宝されている大きな理由のようです。

【家族も満足!ちょっと贅沢だと思う冷凍食品、N0.1は「冷凍ボイルハンバーグ」!】
手軽に「本格的な味」が楽しめる、冷凍食品ですが、本調査で「ちょっと贅沢だと思う冷凍食品」について質問したところ、「冷凍ボイルハンバーグ」が第1位、続いて、「エビチリ」が第2位、「とんかつ」が第3位という結果となりました。
疲れて、ついつい手を抜いてしまいたい日でも、ちょっぴり贅沢気分が味わえる「冷凍ボイルハンバーグ」を活用すれば、家族にも満足してもらえそうです。

※冷凍ボイルハンバーグとは、ソースが入ったボイルタイプのハンバーグ(1個入り)です。


■「手を抜きたい日の調理時間」は、30分以内!!
全国の主婦309人に、「手を抜きたい日の調理時間」についてアンケートしたところ、
第1位が「30分以内」で35.9%、次いで第2位が「15分以内」(32.4%)、第3位が「10分以内」(15.5%)という結果になりました。
家族のために、晩ご飯を作ることが多い主婦も、いつも時間と手間をかけて作れるわけではありません。「たまには、30分以内で手軽に済ませたい」というのが本音のようです。

Q:あなたは、「手を抜きたい日」の晩ごはんに、どのくらいの時間をかけていますか?(SA)
http://www.atpress.ne.jp/releases/47186/img_47186_4.jpg
(%) N=309


■疲れた主婦の救世主、「冷凍食品」!「本格的」、「自分で作るよりおいしい」などの声多数!
内食傾向も後押ししてか、近年が市場拡大傾向にある「冷凍食品」。昔は「安かろう、不味かろう」のイメージも強かったですが、今回の調査で「最近の冷凍食品の味について、どのように感じていますか」と聞いたところ、第1位が「本格的なものが増えてきた」(50.9%)、第2位が「自分で作るよりおいしいものが増えてきた」(23.7%)と、その味を評価する声が大多数を占めている結果に!!手軽に本格的な味を楽しめることが、主婦に冷凍食品が重宝されている大きな理由のようです。

Q:あなたは、「最近の冷凍食品の味」について、どのように感じていますか?(MA)
http://www.atpress.ne.jp/releases/47186/img_47186_5.jpg
(%) N=309


■家族も満足!ちょっと贅沢だと思う冷凍食品、N0.1は「冷凍ボイルハンバーグ」!
手軽に「本格的な味」が楽しめる、冷凍食品ですが、本調査で「ちょっと贅沢だと思う冷凍食品」について質問したところ、「冷凍ボイルハンバーグ」が20.7%で第1位、続いて、「エビチリ」が第2位(14.6%)、とんかつが第3位(6.5%)という結果となりました。

Q:あなたが、「ちょっと贅沢」だと思う冷凍食品は何ですか?(MA)
http://www.atpress.ne.jp/releases/47186/img_47186_6.jpg
(%) N=309

疲れて、ついつい手を抜いてしまいたい日でも、ちょっぴり贅沢気分が味わえる「冷凍ボイルハンバーグ」を活用すれば、家族にも満足してもらえそうです。
気分もやる気も落ちる梅雨は、是非、ハインツ自慢のデミグラスソースを使った本格的な「冷凍ハンバーグ」をうまく活用し、手間をかけずに、家族が喜ぶ食卓にしてみては、いかがでしょうか。


【調査概要】
■調査名 :「食事に関する意識調査」
■調査主体:ハインツ日本株式会社 http://heinz.jp
■調査方法:インターネット調査(調査委託:株式会社マクロミル)
■対象者 :40~60代主婦309名(全国)


■“晩ご飯の主役”になれる本格冷凍ハンバーグ
 ハインツ日本 「‘本’デミグラスハンバーグ」のご紹介
<一流料理人との交流を通じて磨き上げてきた味づくりのノウハウを活かした逸品>

3月1日に発売された本格冷凍ハンバーグ、『‘本’デミグラスハンバーグ』は、“晩ご飯の主役”になれるお店のようなハンバーグです。
ハンバーグの名店を徹底調査した結果、「ハンバーグのおいしさの本質は、噛んだ時に感じる肉の繊維(噛みごたえ)とホロホロとくずれる食感にある」という結論にたどりつき、肉の挽き方や配合を工夫。外側は細かく挽いた赤味肉で肉汁を閉じ込め、中は粗挽き肉を使ってジューシーに仕上げました。また料理人が厨房で作る手順を再現し、香ばしく炒めたルウにブイヨンの旨みとボルドー産赤ワインを加えた、デミグラスソース市場No1※のハインツ自慢のソースを贅沢に合わせました。
ハインツの味づくりの原点に立ち返り、ハンバーグもソースも、プロの料理人のこだわりを再現した逸品です。

~当社の業務用営業が直接、ホテル、洋食専門店、ハンバーグ専門店等を訪問して料理のプロに試食してもらったところ、100人から“おいしい”のお墨付きを頂くことができました~
※出典:2013年1月~12月 KSP-POSを元に自社で集計

<ハインツ 冷凍ハンバーグシリーズ>
≪‘本’デミグラスハンバーグ≫
http://www.atpress.ne.jp/releases/47186/img_47186_7.jpg
お皿にあけた時から香り立つデミグラスソースと、口に広がるジューシーな肉の旨味。いつもとはちょっと違うお店のような味わいがお楽しみいただけます。

≪チーズとろける粗挽きハンバーグ≫
http://www.atpress.ne.jp/releases/47186/img_47186_8.jpg
まろやかなコクのとろけるチーズを包み込んだ粗挽きハンバーグと、肉の旨味が溶け込んだ完熟トマトソースとの絶妙な味わい。

≪和風オニオンハンバーグ≫
http://www.atpress.ne.jp/releases/47186/img_47186_9.jpg
大きめカット玉ねぎと、あめ色玉ねぎの甘みが楽しめる和風オニオンソース。フォン・ド・ヴォーの味わいでコク深く仕上げたソースが粗挽きハンバーグのおいしさを引き立てます。


■『ハインツ おうちハンバーグ本格化プロジェクト』取り組みのご紹介
ハインツ日本株式会社では、一般社団法人日本ハンバーグ協会と協力し、「おうちで食べるハンバーグの本格化」及びハンバーグ文化の普及と継承を目的として、「ハインツ おうちハンバーグ本格化プロジェクト」を運営しています。本プロジェクトでは「おうちで食べるハンバーグの本格化」という視点から、家庭でもお店のようなハンバーグを楽しむための情報を発信していきます。
■公式HP : http://hamburg-jp.org/ouchihamburg/
■対応端末: PC/スマートフォン

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

冷凍食品国内消費の推移冷凍ボイルハンバーグQ. あなたは、「手を抜きたい日」の晩ごはんに、どのくらいの時間をかけていますか

@Press

トピックスRSS

ランキング