専門知識を生活者にも!建築系タブロイドマガジン「awesome!(オウサム)」創刊に協力 SuMiKa限定で記事配信スタート

@Press / 2014年6月26日 17時0分

「awesome!(オウサム)」創刊号
 株式会社SuMiKa(港区高輪、タマホーム株式会社と面白法人カヤックが2013年6月共同設立)は、mosaki(千代田区内神田、大西 正紀代表)が2014年6月23日に創刊した、建築系タブロイドマガジン「awesome!(オウサム)」(田中 元子編集長)に協力し、WEBサービス「SuMiKa」上で提供している「スミカマガジン」にて、オウサムの記事配信(一部)をスタートいたします。


 今回の協力は、mosakiの「建築・デザイン・アートと一般の人々を結びつけるハブになり、建築の周辺を豊かに面白くしたい」という活動の趣旨に、「理想の家をつくりたい生活者と専門家を結ぶことで、旧来の環境では実現できなかった家づくりを実現する」というサービスアイデンティティーを持つSuMiKaが共感し、人々を結び豊かな建築環境を築くために本媒体の普及を推進していくものです。

 SuMiKaは今後も、各分野のプロフェッショナルと協力しながら、生活者が「自分らしい家づくり」を実現するために、機能やサービスを充実させるとともに、建築家や工務店など専門家に対しても積極的に支援を行っていきます。


<「awesome!(オウサム)」とは>
 オウサムは、毎月1人のインタビューのみで構成されます。12ページ20,000字におよぶロングインタビューを通して、建築業界の動向や課題を取り上げる専門的な内容です。これまで建築専門誌でしか扱われなかった情報や話題を、オウサムではタブロイドマガジンとしてまとめることで、建築の魅力と課題を公的に語る場をつくり、生活者にも提供します。SuMiKaマガジンでは、この記事の約5分の1を、生活者と工務店など専門家が閲覧できる記事コンテンツのひとつとして配信します。また、SuMiKaに登録している建築事務所や工務店など専門家600社にはタブロイド版を無料提供します。


<「awesome!(オウサム)」媒体概要>
 毎月1名の建築関係者を取り上げ、ロングインタビューを掲載。創刊号では、株式会社ツクルバ 代表取締役 CCO の中村 真広氏が「建築を学んだからこそ見える、今ドキの建築が抱えるヤバさ」をテーマに語ります。

発行部数:3万部
発行  :毎月25日
ページ数:12ページ(カラー)
販売場所:NADiff contemporary (東京都現代美術館 1F)、
     青山ブックセンター六本木店、南洋堂書店、
     オウサム公式サイトにて販売するほか、
     全国の建築関係の教育機関350校に無料配布

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング