ユーシェアソフトが各種クラウド環境対応のサーバ移行自動化ソリューションを提供開始 ~大規模サーバ群の移行プロジェクトを短期間かつ低コストで実現~

@Press / 2014年7月22日 9時30分

スキャンしたサーバ構成の表示
ユーシェアソフト日本事務所(所在地:東京都新宿区、代表:渡邊 哲、以下 ユーシェアソフト)は、仮想環境やクラウド環境上で動作する各種システムのサーバ移行を自動化する「UForgeスキャン」(ユーフォージ・スキャン)の国内提供を開始しました。

日本語サイトURL: http://www.usharesoft.jp


国内企業のクラウド化率(ICT投資額に占めるクラウドへの投資額の比率)とクラウドサービスの市場規模は2012年の2.1%(5,102億円)から2017年に8.2%(2兆411億円)と成長することが予想されています(「国内クラウドサービス需要動向」MM総研、2013年)。


大規模にサーバを運用する事業者や大企業はパブリッククラウドサービスやデータセンタ内のプライベートクラウド環境の活用を進めようとしていますが、各種クラウド環境に大量のサーバ群を効率的かつ低コストで移行する有効な手段が無いため、仮想環境やクラウド環境を十分に活用できていません。


「UForgeスキャン」を利用することで物理サーバや仮想サーバのクラウド環境への移行をはじめ、パブリッククラウドのサーバを別のパブリッククラウドへの移行、データセンタのプライベートクラウド環境や仮想環境への移行等、各種環境間を自由にサーバ移行できます。「UForgeスキャン」のサポートする環境はAmazon EC2、Microsoft Azure、CloudStack、OpenStack等の各種クラウド環境や、VMware、Xen、KVM、Hyper-Vといった各種仮想環境、さらには物理サーバまで多岐にわたり、大規模サーバ群の移行を低コストかつ効率的に行う事ができます。OSについても、CentOS、Ubuntu、Fedora、SUSE等大規模サーバ群の運用に一般的に利用される各種の無償Linux OSのほか、Red Hat Enterprise LinuxやOracle Linux等の有償Linux OSまで幅広くサポートしています。


■想定利用シーン
1) パブリッククラウドへの移行
既存の大規模サーバ群をAmazon EC2やMicrosoft Azure、或いは各種のクラウドベンダが提供するIaaSサービスへ低コストかつ効率的に移行することができます。「UForgeスキャン」で既存サーバの設計情報をスキャンし、移行先となるクラウド環境で動作する形式のサーバイメージを自動生成できます。

2) データセンタへの移行
既にパブリッククラウド環境で運用しているサーバ群を自社データセンタのプライベートクラウド環境へ移行することができます。物理サーバや仮想サーバ群の移行と同様に「UForgeスキャン」でクラウド環境上の既存サーバの設計情報をスキャンし、移行先となる仮想環境やプライベートクラウド環境で動作する形式のサーバイメージを自動生成できます。

3) データセンタ内の移行
既存インフラの老朽化に伴うデータセンタ内でのサーバ群の移行についても各種環境間を自由に移行できます。既存のサーバ環境をそのまま移行するだけでなく、一旦スキャンしたサーバのOSアップデートやソフトウェアの追加削除を「UForge」上で行ったうえで新環境向けにサーバイメージを自動生成することも可能です。


■既存の解決策とその課題
クラウド環境への大規模なサーバ移行プロジェクトに対してはこれまで十分な解決策が提供されておりません。
1) 手作業による移行
既存環境の調査、新規環境の構築手順の調査、新規環境の構築とトラブルシューティング、新規環境の動作テスト、新規環境へのデータ移行等、作業に手間がかかり、また作業期間についても見積もりにくい。サーバ移行のスキルを持つエンジニアを同時期に多数集めるのは難しく、大規模なサーバ群を短期間に移行するのは困難である。

2) P2V / V2Vツールの利用
物理サーバや仮想サーバを仮想環境に移行するP2V / V2Vツールが以前より提供されているが、各種クラウド環境への対応や、大規模なサーバ群の運用に利用されるケースが多い各種Linux OSのサポートが遅れている。結果的にクラウド環境への大規模なサーバ移行については課題が残ったままの状況となっている。

ユーシェアソフトでは今回「UForgeスキャン」を国内市場向けに提供開始する事により大規模サーバ群のパブリッククラウドやプライベートクラウド環境への移行が加速されることを期待しています。


■ユーシェアソフトについて
ユーシェアソフトは、オンラインサービス事業者やデータセンタ運営者が仮想データセンタ、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド等の各種環境にアプリケーションをリリースし、管理するためのプラットフォームを提供します。ユーシェアソフトの自動化プラットフォームである「UForge」を利用することで、マルチクラウド用サーバテンプレートの作成とメンテナンスの効率化・自動化、物理環境や仮想環境からクラウド環境へのサーバ移行やクラウド間でのサーバ移行の自動化、マーケットプレイスやコラボレーション機能を通じたアプリケーションの共有や流通における利便性向上、等が実現されます。ユーシェアソフトは本社をヨーロッパに、R&Dセンタをアルゼンチンに、オフィスを米国及び日本にもつグローバル企業です。

ユーシェアソフト日本事務所(株式会社マキシマイズ内)
所在地:〒160-0004 東京都新宿区四谷2-8 岡本ビル803
代表者:渡邊 哲

※ 文中で記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

サーバ構成比較結果の表示 生成フォーマット選択 Cloudstack環境への配信画面

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング