「第10回 世界ファブラボ代表者会議(FAB10)」に協賛

@Press / 2014年8月22日 15時0分

記者会見で挨拶するEli Keersmaekers
業務用インクジェットプリンターや3次元切削加工機を製造・販売するローランド ディー.ジー.株式会社(取締役会長兼社長:冨岡 昌弘、本社:静岡県浜松市)は、7月2日から8日までの7日間、スペイン・バルセロナ市で開催された「第10回 世界ファブラボ代表者会議(以下 FAB10:ファブテン)」に協賛しましたのでお知らせします。

URL(英語): https://www.fab10.org/en/


【Fab Labについて】
「ファブラボ(Fab Lab)」は、デジタルものづくりの機器を揃えた市民工房です。現在、世界50ヶ国以上250ヶ所以上に拠点があり、個人の自由なアイデアに基づくものづくりを支援するとともに、世界各地のファブラボ間のネットワーク化により、ものづくりに関する知恵やノウハウを共有し、国境を越えて協働するグローバルなものづくりコミュニティを形成しています。世界ファブラボ代表者会議は、年に一度、世界中のファブラボ関係者が一堂に会する場です。特定の課題解決に協力して取り組むワークショップや実習、デジタルものづくりに関するシンポジウム、各ファブラボの成功事例や取り組んでいるプロジェクトの紹介など多様な活動が行われます。

10回目を迎えた今回は、「From Fab Labs to Fab Cities(ファブラボからファブシティへ)」というテーマの下、都市全体の生産性向上、生活環境の課題解決、新興国の生活水準の向上といった文脈で、個人のものづくりを超えて、デジタルものづくりの可能性を追求する場となりました。また、それらを推進するためのインフラストラクチャーとして、ファブラボが中心となって、大学、行政、企業、起業家、ひいては一般市民、小中学生を巻き込みながら、街全体をより良いものに変えていこうとする、オンライン、オフラインでの協働体制を拡充する動きも確認されました。

当社は会期中、開発を進めております3次元切削加工機の新製品と新開発の積層造形機をはじめ、Desktop Fabrication(デスクトップ・ファブリケーション:机上でのものづくり)を支援する製品を展示し、新たにファブラボを開設しようとするマネージャーや、デジタルものづくりツールの充実によりさらなる可能性を追求しようとする方々に、当社製品の採用を提案しました。また、当社主催のワークショップでは、参加者に気軽にデジタルものづくりを楽しんでいただけるよう、カッティングマシンを活用した肖像画の制作や、3次元切削加工機を使ったオリジナル・チョコレート作りなどの体験会を実施し、身近な活用方法を通じて当社製品の創造性を訴求しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング