知っていますか?電子版お薬手帳 20代~60代以上の紙(冊子)の“お薬手帳ユーザー”に聞いた『電子版お薬手帳に関する意識調査』

@Press / 2014年9月26日 13時0分

「電子版お薬手帳」の認知
 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表者:取締役社長 三津原 博)は、2014年10月1日より自社開発の電子版お薬手帳「お薬手帳プラス」(注1)のサービスを開始します。
それに伴い『電子版お薬手帳に関する意識調査』を実施しました。本調査は、「現在、紙(冊子)のお薬手帳を使用している(お薬手帳を持っていて、処方薬をもらう際に持参する人)」全国の20代~60代以上の男女1,095人を対象に、2014年9月5日~8日の期間にインターネット調査を実施し、その結果をまとめました。


■調査結果のポイント
1.紙のお薬手帳を使用していて便利だと思う点は、「薬剤師に薬の飲み合わせを確認してもらえる」(62.2%)「自分の服用している薬をすぐに確認できる」(61.5%)が多かった。
2.一方、不便だと思う点は、「ついつい持っていくのを忘れる」(56.9%)「冊子なので持ち歩くとかさばる」(39.7%)が多い結果となった。
3.現在、紙のお薬手帳を使用している人の「電子版お薬手帳」に対する認知度は低く、『知っている』(「よく知っている」+「なんとなく知っている」)人は全体の13.1%であった。性年代別でみると、20代男性は他の性年代より『知っている』割合が高く32.0%、次いで、30代男性23.7%となった。

「電子版お薬手帳」の認知(n=1,095)
http://www.atpress.ne.jp/releases/51537/img_51537_1.png

4.「電子版お薬手帳」を『知っている』と回答した人でも、使ったことがある人は23.6%と利用経験者は少ない。
5.今後、「電子版お薬手帳」を使いたいと思う人は約半数の48.3%。最も利用意向が高い性年代は30代男性で58.9%が「使いたい」と回答。次いで60代以上の男性(58.1%)、40代男性(52.8%)となった。
一方、利用意向が最も低いのは60代以上の女性で、37.4%が「使いたいと思わない」と回答。
6.電子版お薬手帳を「使いたい理由」を聞いた自由回答からキーワードを抽出した結果、『便利』『忘れない』『情報管理が容易』という回答が多く挙がった。
7.電子版お薬手帳を「使いたいと思わない理由」を聞いた自由回答から抽出したキーワードでは、『面倒くさい・不便』『必要ない・冊子で十分』『情報の流出が心配』という回答が多く挙がった。
8.電子版お薬手帳にあると“便利・使ってみたい機能”のトップ3は、「薬の効能、副作用などの詳細情報がわかる」(58.2%)、次いで「薬代などの医療費の記録」(41.7%)「これまでの通院記録」(37.0%)。

@Press

トピックスRSS

ランキング