大阪大学と共同開発のウイルス対策新技術「CateProtect」加工休めないあなたに!「ここ一番のマスク カテプロテクター」新発売

@Press / 2014年11月6日 10時0分

「ここ一番のマスク カテプロテクター」パッケージ
 株式会社プロテクティア(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:内田 国克、以下 プロテクティア)は、茶カテキンをベースに大阪大学と共同で開発を進めてきたウイルス対策新技術「Cate Protect(R)/カテプロテクト」(特許番号:第5579449号、第5279054号)を不織布に使用した、「ここ一番のマスク カテプロテクター」を、2014年11月25日から販売開始いたします。


【「ここ一番のマスク カテプロテクター」開発背景】
 近年、インフルエンザをはじめとするウイルス感染症に関する多くの報道がなされており、感染症の脅威や感染対策の必要性の認知度は高まっております。 また新型インフルエンザに代表されるようにウイルス変異によって未知・新しいウイルスがパンデミックを引き起こす危険性も高まっており、これらの感染症に対する対応が急務となっています。
 これまでプロテクティアは、こうした感染症への危機対応を念頭に、大阪大学との共同開発により生み出したウイルス・細菌対策の新技術 Cate Protectの研究開発・製品開発を行ってきました。その第一弾製品として、Cate Protect加工フィルターを搭載したマスク「ここ一番のマスク カテプロテクター」の製品化に至り、今冬発売する運びとなりました。


【「ここ一番のマスク カテプロテクター」の特長】
 ウイルス・細菌対策新技術 CateProtectを加工したフィルターに加え、ウイルス飛沫・細菌ろ過効率(BFE)99%以上の高機能メルトブローフィルターを用いた新しい高性能4層フィルター方式を採用しているため、種々のウイルスや細菌、花粉、微粒子を効果的に除去します。またCate Protect加工には天然由来成分を用いているため、金属・タンパク質などへのアレルギーが気になる方にも高機能のマスクをご提供することができるようになりました。
 家事や仕事の両立で簡単には休めない方や、受験・発表など大事なイベントを控えている方の、「ここ一番」の場面で頼れるマスクです。


1.大阪大学発のウイルス・細菌対策新技術 Cate Protectを不織布に加工
 Cate Protectは、大阪大学産業科学研究所 特任准教授 開發 邦宏博士の開発した新技術であり、インフルエンザウイルス、ノロ類縁ウイルスなどのウイルス病原体に加え、30種類以上の細菌病原体への効果も確認している、新カテキン技術です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング