竹中工務店とNTTコミュニケーションズがクラウドを活用した「次世代建物管理システムプラットフォーム」の提供を開始

@Press / 2014年11月6日 11時0分

(図1) 次世代建物管理システムプラットフォーム概念図
 株式会社竹中工務店(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:宮下 正裕、以下:竹中工務店)とNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 彰、以下:NTT Com)は、竹中工務店のビルコミュニケーションシステム(R)(以下、ビルコミ)と、NTT Comのセキュアなクラウド環境とVPNネットワークを組み合わせ、各種ビル管理サービスなどをクラウド上で実現できる「次世代建物管理システムプラットフォーム」の提供を11月より順次開始します(図1)。今後両社は、このプラットフォームを活用して各サービスを提供する企業との連携を進めていきます。

(図1)次世代建物管理システムプラットフォーム概念図
http://www.atpress.ne.jp/releases/53299/img_53299_1.jpg


1.背景・目的(【別紙】参照)
 日本では、高齢化や少子化などにより、建物管理に携わる人材の確保が困難になっています。また、電力自由化への対応、快適性と省エネルギーの両立など、建物管理は高度化・複雑化しており、管理人材の経験や知識、あるいは個々の建物に個別に構築される建物制御システムだけでは、お客さまの要求を満足する建物管理を持続的に提供していくことが難しくなっていくと予測されます。一方で、リアルタイムでのビッグデータ処理技術やM2M(Machine to Machine)(*1)技術などICTの技術革新により、非常に高度な制御や分析に関するサービスが、クラウド環境で安価に提供される環境が整いつつあります。このような社会背景を受けて、次世代の建物管理システムとして、さまざまなサービスをクラウド上で実現できるプラットフォームを両社共同で構築しました。


2.「次世代建物管理システムプラットフォーム」の特長(【別紙】参照)
(1) オープンプラットフォームの採用
 建物サービスの向上に寄与する様々なサービス提供企業が参加できます。

(2) セキュアで柔軟なクラウド環境
 NTT Comのセキュアなクラウド環境・VPNによるネットワークを活用しており、建物管理データを安全、高速、かつ効率的に流通させることができます。また、センサーネットワークや外部サービスとも柔軟に連携させることができます。

(3) 既往の建物設備システムとの高い親和性
 ビルコミのゲートウェイ(ren.Gateway)は、既存の設備システムと高い親和性があり、新築ビル以外にも幅広い適用が可能なため、既存ビルの付加価値向上にも貢献できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング