無線カメラ監視で太陽光発電所の防犯対策を強化 監視ポイントを自由に選んで死角をなくす

@Press / 2014年11月17日 10時0分

図1. 超小型カメラ一体型無線LAN「マルチカメラ監視mini」
 日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区九段南、代表取締役社長:岩本 眞)はこの度、小型IPカメラと長距離無線LANシステムを一体化させた「マルチカメラ監視mini」の提供を開始しました。

 近年、太陽光発電所の建設中および運用中の発電所からソーラーパネルや送電用銅線などが盗まれる事件が多発しており、本システムにより多地点監視の課題となっていた、「監視の死角」を減らすことができます。更にオプションとして、夜間侵入者用に人感センサと連動した警報を、携帯電話のSMSで通知するシステムを組み合わせることで防犯対策を強化します。
 太陽光発電所を想定したカメラ4地点と電力室間の880mの映像伝送に成功しており、これまで監視システムの構築が難しかった施設を効率的に監視することができます。

<製品詳細>
http://www.den-gyo.com/solution/solution03_c_g.html
<図1. 超小型カメラ一体型無線LAN「マルチカメラ監視mini」>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53805/img_53805_1.jpg


■システムの特長
 「マルチカメラ監視mini」は、カメラと長距離無線LANを一体化したシステムで、太陽光発電所の防犯監視ポイントの4カメラ映像を1台の親機に集約(※図2)でき、増設対応も可能です。更にクラウド接続することにより全国どこからでも、いつでも映像を確認することが可能になります。

<図2. 4:1のマルチポイントトゥポイント監視イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53805/img_53805_2.jpg

(1) 死角を減らす360°監視
 2メガピクセルの高画質カメラは360°パン・チルト機能付で、設置柱にmini専用張り出し架台を設置することにより設置柱の死角が更に減少します。発電所内の防犯監視ポイントに、カメラ一体型の無線子機を設置し、4:1のマルチポイントトゥポイント無線伝送で1台の親機へ効率的に映像データを集約できます。
 また、小型で高利得のアンテナにより、太陽光発電所内で880m離れた親機へのカメラ映像の集約も実証しています。高機能レコーダーにより過去に遡っての映像確認にも迅速に対応できます。

(2) 簡単な設置運用
 システム選定時に見落としがちなのが「ランニングコストと設置・設定の簡易性」です。「マルチカメラ監視mini」は自営の無線LAN方式のため、ランニングコストはかかりません。また、広角70°指向性アンテナを採用しており、子機(カメラ側)と親機のアンテナを向い合わせるだけの作業で無線機同士の通信ができ、最短10分で最適な方向調整と通信設定が完了します。
 更に、電源確保が困難な場所でもオプションにより太陽光バッテリーによる完全自立電源運用ができ、電源確保や通信線の敷設に悩まされることもなく、監視したいポイントに自由に設置できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング