ダイナックス、営業部門用ITツール「なかまクラウド オフィス」12月1日発売 スケジュール共有・報告書作成から業務分析までワンパッケージに統合

@Press / 2014年11月20日 13時30分

メールメッセージFAX一元管理
株式会社ダイナックス(代表取締役社長:佐藤 潤、本社:東京都渋谷区)は、企業活動の中で日々行われている業務支援・業務分析の効率化をワンストップで行えるクラウドサービス「なかまクラウド オフィス」を12月1日に販売開始いたします。

[関連リンク]「なかまクラウド オフィス」ホームページ
http://www.dynax.co.jp/


「なかまクラウド オフィス」は、株式会社ダイナックスが2001年より開発・販売してきた会員管理・情報共有システム「なかま」の基本機能をベースに、多数のユーザの声を反映し生まれた究極の業務支援・業務分析効率化ツールです。グループウェアやSFAのいずれとも違い、どこの企業でも行っている日々の業務に紐づく機能に厳選し業務の生産性向上を実現します。メール・FAX・メッセージを一元管理できるコミュニケーション管理機能を基本に、スケジュールを起点に簡単に報告書が作成できる機能や、素早く最新の資料が取り出せるコンテンツ管理機能などをワンパッケージに実装。さらに、すべてのデータを任意の指標で集計できるため、戦略立案や課題発見など様々な業務分析に役立てることが可能です。


■製品の特徴
グループウェア以上の価値を提供する「なかまクラウド オフィス」

1.「メール・FAX・メッセージ」あらゆる情報の遣り取りを一元管理(コミュニーション クラウドサービス)
「なかまクラウド オフィス」は、これまで異なる方法、媒体で管理されていた情報をクラウド上で一元管理し、業務効率の向上と共に、情報の安全な管理を実現します。コミュニケーションについては、メールだけでなく、これまで紙で行われていたFAXも、データとして送受信・一元管理できることが大きな特徴です(注1)。
お客様ごとにメール/FAXを自動的に振り分けて送信したり、日時を指定して送信したりすることも可能です。また、社員同士のやりとりはメールサーバーを介さないセキュアな社内メッセージが利用できます。
http://www.atpress.ne.jp/releases/53984/img_53984_1.jpg


2.「スケジュール→報告→分析」のサイクルで業務を見える化(「報連相」クラウドサービス)
「なかまクラウド オフィス」は、スケジュールを起点に簡単に報告書が作成できる機能等により、日々の営業活動を強力に支援します。スケジュールは「取引先」「プロジェクト」情報を紐づけて登録することが可能です。報告書作成はスケジュールに追加情報を書き込むだけで簡単に完了するので、業務負担を減らし、迅速な社内情報共有を実現します。
それらの情報はすべてデータベースに蓄積され、プロジェクト別の集計やお客様との取引履歴など、必要な視点で、自在に集計できます(注2)。これにより戦略立案や課題発見など様々な業務分析を行うことが可能です。
http://www.atpress.ne.jp/releases/53984/img_53984_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング