クリスマス、ニューイヤー、ウィンターギフトに フランスから、華やかなチョコレートボックス「シャンゼリゼ」12月1日より登場

@Press / 2014年11月26日 11時0分

シャンゼリゼ アソートボックス
1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)の日本法人 リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、ウィンターギフトに最適なチョコレートボックス「シャンゼリゼ」を、12月1日(月)から販売することをご案内申し上げます。


<シャンゼリゼ>
リンツ&シュプルングリー社は、スイスをはじめ、世界の主要チョコレート消費国にチョコレート工場を有し、それぞれの国ならではのチョコレートを製造しています。
このたび日本で初めて販売される「シャンゼリゼ」は、フランスのリンツが製造する、世界で最も美しい通りと称される「シャンゼリゼ」の名を冠した、ホリデーシーズン限定の華やかなチョコレートボックスです。


■シャンゼリゼ アソートボックス 42個入り 445g
http://www.lindt.jp/fs/lindt/christmas/688022

青い蓋を開けると、「TRIOMPHE(凱旋門)」とネーミングされたボンボンショコラを中心に、放射状にチョコレートがびっしりと詰まっています。
ホワイト・トリオンフの白、ミルク・ハートのブルーの包み、リンドールの赤の包みが、凱旋門のあるフランスの国旗の色を彷彿とさせてくれる、華やかな詰め合わせ。
コーティング、食感、フィリングの違いと、その味わいも楽しめるアソートです。
ギフトから家族でのティータイムまで、男女問わず、大人から子供まで満足出来るひと箱です。
価格 4,158円(税込)


■シャンゼリゼ ミルクボックス 41個入り 445g
http://www.lindt.jp/fs/lindt/christmas/688013

赤い蓋を開けると、パリの凱旋門を取り巻く道路のように、ボンボンショコラが放射状にぎっしりと詰まっていて、見た目にもご満足いただけます。
フィリングのベースはプラリネですが、風味や食感、分量などに工夫がされていて、微妙な味わいがあります。
コーティングはすべてミルクチョコレートなので、子供やミルク派の大人にはお勧めのひと箱。
価格 4,158円(税込)


■シャンゼリゼ アソートバロティンボックス 21個入り 220g
http://www.lindt.jp/fs/lindt/christmas/688020

ダーク2種、ミルク2種、ホワイト2種のコーティングバリエーション、加えてリンドール。デコレーション、風味、食感の違う7種類が楽しめるボンボンショコラのボックスです。
大人から子供までの好みをこのひと箱に網羅しており、箱の大きさもまさにギフトにぴったりの逸品。
価格 2,052円(税込)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング