国際的な48時間プログラミングコンテスト Clojure Cupにてテンクーが2つのWebアプリケーションを開発、公開

@Press / 2014年11月28日 13時0分

「news.async」
株式会社テンクー(本社:東京都文京区、代表取締役社長:西村 邦裕)のチームが、2014年9月27日・28日に開催された国際的な48時間プログラミングコンテスト Clojure Cupにて、2つのWebアプリケーションを開発し、公開しました。


■インターネットニュースをTVのように入手できるサービス「news.async」(ニュースアシンク)
URL: http://newsasync.tv

インターネット上のニュースはキュレーションサイトなどによって、カスタマイズして閲覧することができます。一方、テレビやラジオは見ることや聞くことだけで「ながら作業」が可能ですが、受動的に見るだけでコンテンツを選ぶことはできません。この2つの長所を活かしたサービスが、「news.async」です。インターネットニュースをテレビやラジオのように見聞きできるWebサービスです。

「news.async」は、ニュースサイトから情報を取得し、TTS(Text-To-Speech)技術を用いて自動的に音声に生成し、画像と音声を合わせて流すシステムとなっています。カテゴリーを選択することも可能です。朝、出かける準備をしながら、何か作業をしながら、テレビ・ラジオ感覚で利用できるサービスです。現在は英語のみをサポートしており、New York TimesとThe Guardianのニュースに対応しています。今後は、ニュースの要約やカスタマイズを可能にしていく予定です。


■複数人で対戦できるゲーム「AstroCats」(アストロキャッツ)
URL: http://astrocats.net

複数人で対戦できるWebゲームです。主人公である猫が宇宙空間を飛び回り、敵であるまわりの猫を踏みつけ倒しつつ、ステージに散らばったコインを集めて点数を競うゲームです。敵の猫に何回も踏まれて倒されるか、ステージ中央のブラックホールに吸い込まれるとゲームオーバーとなります。誰でもWebサイトにアクセスするだけで体験できるゲームです。


2014年も世界中から約100チームが集まり、プログラミング言語Clojureを使い、世界のプログラマーと腕を競いました。テンクーのチームは昨年の第1回目から参加しており、今回は2チームで参加しました。日本から唯一の出場チームであり、「news.async」が全体で8位、「AstroCats」が人気投票で8位でした。来年以降、優勝を目指していきたいと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング