公文教育研究会が経営コックピットの分析プラットフォームにQlikViewを採用〜 全世界の教室や生徒の学習状況のデータ分析が可能に 〜

@Press / 2014年12月10日 13時0分

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が取り扱う連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテック・ジャパン株式会社)が、株式会社 公文教育研究会(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:角田 秋生、略記:KUMON)の新基幹システムの経営コックピット用分析プラットフォームとして採用されたことを発表します。

 KUMONは、「個々の人間に与えられている可能性を発見しその能力を最大限に伸ばす」ことを理念に、生徒の能力と可能性を見極め、能力の発達段階に最も適した教育を行う公文式教育を事業としています。1955年の教室開設以来、現在では世界48の国と地域で学習塾をフランチャイズ展開しており、427万人(*)の学習者が、算数・数学/英語/国語/フランス語/ドイツ語/日本語などの独自に研究開発されたプログラム教材を使用して公文式を学んでいます。

 KUMONでは、日本の本社だけでなく、北米/南米/アジア・オセアニア/中国/ヨーロッパ・アフリカに地域本社を構えており、ITについては地域本社ごとに個別にサーバを設置し、独自のシステムを導入していました。そのため、公文グループ全体として共通のシステムや統一されたデータがなく、日本の本社が各地域での詳細を把握できないといった課題が発生していました。

 そこで、世界のすべての教室や生徒の学習情報、指導者情報を統合し、情報の保護・管理と活用を可能にするデータベース構想がKiDS(Kumon Information Database System)プロジェクトとしてスタートし、全世界のIT統括部署として新設されたグローバルICT戦略室のもと、実現に向けて舵が切られました。KiDSの経営コックピットの分析プラットフォームとして、KUMONが「QlikView」を採用した主な理由および利用業務は、下記のとおりです。

1.KPIを見るレポートとして、学習者数/教室数/継続率/学習進度などの指
 標を網羅した国別のクロス集計表を瞬時に表示できる
2.世界地図上の散布図を見ながらエリアの絞り込みや各教室の明細までドリル
 ダウンでき、多種多様なグラフやチャートで学習者の数や継続率の傾向/内
 訳を把握できる
3.グローバルで427万人(*)にのぼる学習者の膨大なデータも、レスポンスよく
 検索や分析ができる
4.高いセキュリティ設定が可能なため、ユーザごとに閲覧や印刷、ダウンロー
 ドの利用権限を設定できる
5.QlikViewの優れたデータ・アナリティクス機能に加えて、アシストの豊富な
 研修サービスやドキュメント開発などの導入支援メニューを活用しながら、
 短期間で構築しグローバル展開を実現できる

@Press

トピックスRSS

ランキング