週刊文春「原色美女図鑑」別カットも特別収録! 話題の文庫『壇蜜日記』の姉妹本『壇蜜日記0(ゼロ)』発売

@Press / 2014年12月11日 15時0分

『壇蜜日記0』書影
 株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)では、12月12日より、『文春e-Books 壇蜜日記0(ゼロ)』を発売します。電子書籍オリジナル作品になります。


 今年10月に発売された『壇蜜日記』(文春文庫)。昨年10月から今年の8月までの日々を赤裸々に描き、裸単騎で現代日本を生き抜く33歳女子の生活と意見を見事に綴った同書は、彼女のファン以外にも人気を博しています。その副読本となる『壇蜜日記0』は、『壇蜜日記』誕生の元となった文藝春秋2013年8月号「この人の月間日記」、週刊文春「原色美女図鑑」のグラビア写真に加え、電子オリジナルの別カットも収録しています。さらに阿川佐和子さんや直木賞作家・桜木紫乃さんとの対談も再録。壇蜜さんの新たな魅力が詰まった「読本」です。
 発売日から一か月間は通常200円のところを特別定価100円で販売。『壇蜜日記』との併読をお勧めいたします。


【『壇蜜日記』について本人コメント】
「日記という形の今回の本は、今までのフォトエッセイ集などよりも私自身が出ていると思います。いろんな方に手にとっていただきたいですが、楽しみ方や読み方は読者の方々にお任せしたいですね」(桜木紫乃さんとの対談より)


【目次】
●原色美女図鑑(電子オリジナルカット付)
●勘違いから始まる恋もある(「この人の月間日記」)
●癒されたい男性に、リミッターを超えた露出をお届けしたい気持ちはありました(「阿川佐和子のこの人に会いたい」再録)
●魅せる女の流儀(桜木紫乃さんとの対談再録)
●『壇蜜日記』を試し読み


【著者紹介】
だんみつ/1980年秋田県生まれ。東京都出身。昭和女子大学卒業後、調理師免許を取得、また冠婚葬祭の専門学校にも通う。和菓子工場、銀座のクラブホステスなど様々な職業を経験した後、2010年に29歳のグラビアアイドルとしてデビュー。独特の存在感でまたたく間にメディアに注目され、2013年には映画『甘い鞭』に出演、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。好きな食べ物は、うなぎ。メガネフェチ、座右の銘は「大器晩成」。著書に『蜜の味』『エロスのお作法』『はじしらず』などがある。


【書誌情報】
『壇蜜日記0(ゼロ)』(文春e-Books)
販売価格:100円 ※一か月間限定。価格は書店により異なる場合があります
発売日 :12月12日

『壇蜜日記』(文春文庫)
好評発売中

主要販売書店:Kindleストア、iBookstore、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他、電子書籍を販売している主要書店

※添付画像はご自由にお使い下さい。


■「文春e-Books」とは?
 「文春e-Books」は、電子発のオリジナルコンテンツです。週刊文春、月刊文藝春秋の記事連載のまとめもの、ビジュアル系のオリジナルコンテンツなど、「紙では読めない本」をコンセプトに新しいコンテンツを提供しています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

『壇蜜日記』書影

@Press

トピックスRSS

ランキング