京セラオプテックのレンズ開発技術、製造技術を展示『レンズ設計・製造展』出展のご案内

@Press / 2015年4月17日 16時15分

ガラス非球面レンズ
京セラグループで光学産業分野から光産業分野までの幅広いレンズの開発、製
造、販売を行う京セラオプテックは、本年4月22日(水)から4月24日(金)
までの3日間、パシフィコ横浜にて開催されるレンズに関する日本で唯一の展
示会「レンズ設計・製造展」へ出展いたします。

京セラオプテックのブースでは、同社が光学レンズ分野で培ってきた高い技術
力、開発力、製造力による各種レンズを展示し、今やあらゆる製品、機器に搭
載されるレンズの新たな可能性や取り組みについてご紹介いたします。

■展示会概要
会 期 :2015年4月22日(水)~24日(金)10:00~17:00
場 所:パシフィコ横浜
京セラオプテックブース :R-9

■主な出展内容
1.ガラス球面・異形レンズ/ガラス非球面レンズ                  
従来加工が難しかった、低分散ガラスレンズの新製品を展示。球面も非球面レン
ズでも加工が可能であり、これから需要が期待される高倍率ズームレンズなど次
世代光学系への搭載に最適です。

2.車載用レンズ
従来使用されているリアビューモニター用に代表されるビューイングレンズに加
え、車線維持や安全確認に使用されるセンシング用レンズも展示。

3.位相差顕微鏡 (参考出展)
透明に近いサンプルを可視化するため光の位相差を使う顕微鏡。従来、顕微鏡自
体が大型であり持ち運びに不向きでしたが、当社では重量わずか2Kgのハンディ
型位相差顕微鏡を開発し、軽量化を実現。ビデオ撮影、パソコンからの操作も可
能な利便性とあいまって、工場などの現場や食品検査などに最適です。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

異形レンズ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング