健康と美味しさを両立したクリスマスケーキ『低糖質ブッシュ・ド・ノエル』フランス菓子工房 ラ・ファミーユより通信販売限定で11月2日より受付開始

@Press / 2015年10月27日 11時30分

ブッシュ・ド・ノエル
香川県高松市で4店舗を展開する四国スイーツの専門店、ラ・ファミーユ(株式会社ラ・ファミーユ、代表取締役社長:千切谷 耕一郎、所在地:香川県高松市木太町2192)では「一緒にクリスマスを過ごす全ての人を幸せに」をコンセプトに開発した糖質65%OFF(※当社製品比)のクリスマスケーキ『低糖質ブッシュ・ド・ノエル』を2015年11月2日より販売開始いたしますのでご報告いたします。


■低糖質ブッシュ・ド・ノエルの開発背景
「四国スイーツ」をコンセプトとし四国の素材を使ったスイーツづくりを展開するラ・ファミーユでは、地元香川大学で開発された食後血糖値抑制作用もある「希少糖」の含有シロップを使用した商品を開発・販売しておりました。厚生労働省発表の「平成25年国民健康・栄養調査結果」によると糖尿病人口は日本国内で約950万人に上り、今後も増加することが予想されています。特に地元香川県においては糖尿病の人口当たりの受療率が全国の中でも非常に高く、低糖質食品に対するニーズも高いと予測されています。今回は希少糖含有シロップの使用のみではなく、使用素材を一新し、構想から2年かけて『低糖質ブッシュ・ド・ノエル』を開発いたしました。クリスマスの必需品であるケーキにおいて、小麦粉不使用かつ希少糖含有シロップを使用した低糖質商品を開発することにより、糖質に配慮が必要な消費者のニーズに対応出来る商品となりました。


■健康と美味しさを両立するための使用素材
今回の商品開発におけるテーマは単なる低糖質ケーキの実現ではなく「健康と美味しさの両立=スイーツを食べていただく人々の幸せ」です。そのためケーキ1切れあたりの糖質は9.3gに抑え、当社製品比で65%のカットに成功いたしました。ケーキの基礎となるスポンジはアーモンドプードルと小麦ふすま粉で香り高く焼き上げ(小麦粉不使用)、希少糖含有シロップとエリスリトールで甘みを維持し(グラニュー糖不使用)、ココアと牛乳と希少糖含有シロップでチョコレートを代替いたしました(チョコレート不使用)。糖質65%OFF、カロリー10%OFF、食物繊維3.7倍の体に優しい健康スイーツに仕上げました。


■今後の展開
ラ・ファミーユでは、今後も四国の素材を使ったスイーツをつくり、地域の生産者、より多くの消費者とのつながりを深め、地元への貢献活動を進めていきます。また、クリスマスケーキのみではなく「笑顔あふれる食卓・誰もが食べられるスイーツを目指して」をコンセプトに、健康と美味しさを両立したスイーツを展開していきたいと考えております。


■商品詳細
商品名 :低糖質ブッシュ・ド・ノエル
価格  :3,300円(税抜・送料込)
賞費期限:冷凍にて30日、解凍後冷蔵にて48時間
販売場所:自社通販サイト、楽天市場店、Yahoo!ショッピング店

自社サイトURL: http://www.la-famille.co.jp/fs/sweet/noel
楽天市場店URL: http://item.rakuten.co.jp/lafamille/10000163/


■会社概要
商号    : 株式会社ラ・ファミーユ
代表者   : 代表取締役社長 千切谷 耕一郎
所在地   : 香川県高松市木太町2192
ホームページ: http://www.la-famille.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ブッシュ・ド・ノエル カット

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング