突出したデザインも注目のハスクバーナ・モーターサイクルズ 2021年の日本発売モデルは?

バイクのニュース / 2021年2月11日 9時0分

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、2021年に発売されるストリートモデル6機種、および競技専用車両のスーパーモト1機種を発表しました。

■人気の「PILEN(ピレン=矢)」シリーズに原付2種クラスを追加

 ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、2021年に発売されるストリートモデル6機種、および競技専用車両のスーパーモト1機種、合計7機種を発表しました。

 2021年発売モデルでは、個性的なデザインで2018年の発売以来人気を博しているネイキッドモデル「VITPILEN(ヴィットピレン=白い矢)」と「SVARTPILEN(スヴァルトピレン=黒い矢)」シリーズのうち、日本では原付2種クラスに相当する「SVARTPILEN 125」が新たに追加されました。

 その一方で、シリーズ最大排気量となる「VITPILEN 701」と「SVARTPILEN 701」はラインナップから姿を消し、「VITPILEN」は401のみ、「SVARTPILEN」は401、250、125となります。

 また、排気量692.7ccの水冷単気筒SOHC4バルブエンジンを搭載する「701 ENDURO(701エンデューロ)」と「701 SUPERMOTO(701スーパーモト)」は、コーナリングABSやリーンアングルセンサー付きトラクションコントロール、イージーシフト(アップ&ダウン)などの電子制御装置の追加や、切り替え可能な走行モードの搭載、新デザインのヘッドライト、メーターにはLCDディスプレイなどを装備し、2021年モデルとしてラインナップします。

 さらに競技専用車両「FS 450」は、ハスクバーナのスーパーモトセグメントへの継続的な取り組みの象徴としてアップデートされ、競争力をさらに向上させています。

ハスクバーナ「FS 450」(2021年型)競技専用車輌

 2021年モデルとして日本での発売が発表された7機種、それぞれの販売価格などは次の通りです。

「SVARTPILEN 125」
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):53万9000円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
総排気量:125cc
シート高:835mm
車両重量:約146kg(燃料除く)
生産国:インド

「SVARTPILEN 250」
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):61万5000円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
総排気量:248.8cc
シート高:835mm
車両重量:約153kg(燃料除く)
生産国:インド

「SVARTPILEN 401」
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):71万5000円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
総排気量:373cc
シート高:835mm
車両重量:約152kg(燃料除く)
生産国:インド

「VITPILEN 401」
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):70万円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
総排気量:373cc
シート高:835mm
車両重量:約151kg(燃料除く)
生産国:インド

「701 ENDURO」
発売予定時期:2021年3月
価格(消費税10%込み):152万円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ
総排気量:692.7cc
シート高:925mm
車両重量:約147kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

「701 SUPERMOTO」
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):152万円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ
総排気量:692.7cc
シート高:890mm
車両重量:約148kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

「FS 450」 ※競技専用車輌
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):134万5000円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ
総排気量:449.9cc
シート高:890mm
車両重量:約102.8kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング