あなたの彼への想いはどっち?「真の愛」と「執着」のボーダーライン

ココロニプロロ / 2018年1月5日 15時0分

写真

あなたの彼への想いはどっち?「真の愛」と「執着」のボーダーライン

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情144】

彼のことを本当に愛しているのか、それともただ執着してしまっているのか……自分でもよくわかっていない女性もいるのではないでしょうか?

そこで今回は「真の愛」と「ただの執着」のボーダーラインについてお話ししましょう。

■幸せな恋愛か苦しい恋愛か

ケンカしても「これを機に彼との関係をしっかり見直そう」「私も悪いところがあったから、素直に謝ろう」などと、何があっても二人の関係を前向き考えられる、彼との関係を純粋に幸せと感じられるのなら愛でしょうね。

だけど「自分が次の彼氏候補を見つける前に、彼が浮気して他の女に行くのはムカつく」とか、ケンカするたびに「音信不通になるのでは?」「フラれるのかな?」と絶望的な考えになってばかりで、二人の関係をどこか苦しく感じるようなら愛じゃなく執着かもしれません。

恋愛に苦しい感情はつきものですが、好きすぎて苦しいのではなく、不安で苦しい、負けたら嫌という謎の敵対心があるなら、それは愛ではないと考えられます。

■愛を与えたいか、愛が欲しいか

喜ぶ顔が見たくて、彼のためにいろいろしてあげたいなぁと見返りを期待せず、素直に愛を与えたい想いがあるのなら愛でしょう。

でも「私がこれだけ尽くしているのに、彼ったら何もしてくれない!」と見返りを求めてしまっているのなら、ただの執着ですね。

愛は与えるものであって、利益を求めるものじゃないですから。何かしてほしいと期待している時点で愛はありません。

■自分が変わりたいか相手を変えたいか

彼と意見や生活習慣が違った場合、「なるべく彼に合わせよう」「自分が変わろう」と思えるのは愛でしょう。

けれど、自分の価値観を押しつけ、無理に彼を変えようとするのはただの執着。あなたが愛しているのは彼ではなく自分自身なんです。

■連絡が少なくても良い関係を保てるか

電話やLINEでのやり取りが少なくても彼と良い関係を保てる、というのはお互いにちゃんと信じ、愛しているからですよね。

すぐに返信がないと不安で彼に過剰に連絡するとか、「なんで連絡くれないの?」と彼を問い詰めてしまうというのなら、愛ではなくただの執着。

自分の不安を取り除くために、彼に不安をぶつける関係に愛はありません。遠距離恋愛でもないのに二人の恋愛を支えるのが「連絡」になってしまっている場合、どこかで終わりを迎えますよ。

■傷つけるより傷ついたほうがいいか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング