「生命線」が短いからって、早死にはしない!?手相のウソ・ホント【有村藍里はじめての手相占い】

ココロニプロロ / 2018年9月14日 18時55分

写真

人間関係がうまくいかない、コミュニケーションが苦手…といった悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

タレントの有村藍里さんもそんな女性の一人です。人見知りでなかなか人と打ち解けられない、という有村さんがこのたび、最高のコミュニケーションツールである「手相占い」を勉強することに!

ときに悩みを吐露しつつ、懸命に学ぶ彼女の姿には、誰もが共感してしまうはず。占いを教えてくれるのは、メンズ占い師ユニット『not for sale.』のHoshiさんです。



【第12回】生命線の形で自分に合った働き方がわかる

これまで「知能線」と「感情線」を学んできましたが、手相を観るにあたって知っておきたい基本の線は、あと2本あるそう。今回はその中から「生命線」の観方を教えていただきます。

■生命線が短い=短命は間違い!
Hoshi:「生命線」は「金星丘」という、親指の付け根のふくらみを囲む位置にある線です。愛情を観ることもできるのですが、「生命線」と言うくらいなのでメインで観るのは生命や体力、健康ですね。



Hoshi:世の中には、ある手相を持っているがために手を見せたがらない人がいます。それはどういう人かと言うと「生命線」が短い人です。みなさん、すごく気になるみたいで。

有村:へぇ~!

Hoshi:それはだいたい、過去に人から「早死にするよ」と言われたことがあり、本人も「短命なんじゃないか?」ってイメージを持っているから。そういう人は不安になるらしく、あまり手相を見せたがりません。
でも、生命線の長さと寿命は関係ないんです。もし生命線が短い人がいたら、そう教えてあげてください。

有村:わかりました。

■生命線の長さが表すのは生命力
Hoshi:生命線が長いというのは手首のほうまで伸びている状態です。基本的に長いほうが生命力はあります。
手首につくくらい長い場合は、根気があって生命力の強い人。長寿の相と呼ばれる良相です。




Hoshi:有村さんの「生命線」はどんな感じですか?

有村:え~と…途中で切れてます…?

Hoshi:線が離れて形がずれていますね。こういうふうにちょっと切れるというか、線が移動するパターンもよくあるのですが、「生命線」としてはこれで一つのセットです。



Hoshi:この移動の時期は病気になりやすい、変化や転機が起こりやすい、と言われています。でも下まで続いていれば、これで1本と考えてください。
とはいえ「生命線」が途切れずにバシッと出ているほうが、生命エネルギーが滞ることなく流れていくので生命力は強くはなります。

有村:生命力が強いと健康になるんですか?

Hoshi:いえ、生き抜く力があるんです。例えば病気をしてもそれを乗り越える生命力があり、結果的に長生きしやすいということ。
でも、生命力があるからといって油断して不摂生を続ければ、当然ながら生命力は弱くなります。なので「生命線」が強くても病気をしないわけではないし、必ず長生きするわけでもありません。

有村:なるほど~。

Hoshi:一方、短い人は「生命線」が長い人と比べると、生命力が弱く、健康に気をつける必要があります。ただ、「生命線」を観る際は、必ず「知能線」「感情線」と合わせて判断することが重要です。
「生命線」が短くても「知能線」がしっかりしていれば問題はありません。考える力が健康に気を遣う性質を育て、「生命線」が長い人よりも長生きする場合もあります。



Hoshi:なお、「生命線、短いな」と思いきや、実は短くない人もいるのでそこも気をつけましょう。有村さんの「生命線」と同じように、一本線ではなくても長い線を持っている人は結構います。
さっきも言ったように、線がずれている時期は健康に注意したほうがいいときです。でも、短いからダメとか、長いから大丈夫というわけではありません。

有村:はい。短い人がいたら「注意すれば大丈夫」って伝えます。

■自分にふさわしい働き方がわかる!?
Hoshi:もう一つ大事なのは「生命線」の形です。形というのは「金星丘」を囲むふくらみの大きさですね。大きいか小さいかの基準を見ていきましょう。



Hoshi:中指の中間くらいから縦線を引っ張って、それを越えるか越えないかでふくらみの大きさを比べてください。越えればふくらみが大きく、越えなければ小さめです。



Hoshi:有村さんは越えていますか?

有村:越えてません。

Hoshi:そう、ふくらみがちょっと小さめですね。ただ、男性は点線に届いているのが標準なのですが、女性の場合は少し小さいくらいが標準だったりもするので、特別小さいわけでもありません。



Hoshi:このふくらみ、「金星丘」は生命エネルギーの貯蔵庫と言われ、生命エネルギーが集まっているんですね。なので、大きければ生命エネルギーがたくさんあり、狭ければ生命エネルギーも少ないということになります。
有村さんの場合は、生命エネルギーとしては強くないんです。特に体力はあまりなくて、すぐに疲れちゃうタイプ。反対に中指を越えた人はかなり体力があり、寝なくても働き続けられます。
つまり、体力やエネルギーはどれくらいかというのをここで判断します。そうすると、その人に向いている働き方や働く環境がわかってきます。

有村:寝ないで働くとか無理だなぁ。

Hoshi:エネルギーが強い人は体力を使う仕事に就こうが、休みなく働こうが関係ないのですが、有村さんのようにふくらみが小さめの人は、忙しすぎたり、体を酷使したりする仕事は向いていないんです。
もしこの生命貯蔵庫がすごく広い人が上司で、狭い人が部下だとしたら、上司はいくらでも働けるけれど、部下はすぐに疲れてしまいます。

有村:確かに…。

Hoshi:そうすると上司は「なんだあいつ、すぐに疲れて」と思うし、部下は「あの人、仕事人間でやだな」と感じるでしょう。要は仕事のスタイルが合わないんです。
なので、生命貯蔵庫が狭い人は、あまり無理をしないで済む仕事・職場を選ぶといいですね。

有村:生命貯蔵庫は広いほうがいいんですか?

Hoshi:いえ、弱さというのはやわらかさや優しさ、繊細さでもあるので女性性が増します。のんびりとした生き方を好み、異性とは体よりも心のつながりを大切にするタイプ。こういう人はマイペースに生きたほうがいいので、ストレスを感じなくていい環境に身を置くことが大事ってことです。

■二重生命線の持ち主はしぶとい!
Hoshi:最後に「二重生命線」を説明しましょう。「知能線」や「感情線」と同様に「生命線」も二重になっている人がいます。「生命線」が二重の場合は生命力が2倍になるため、とても強いんです。



生命力にあふれ、体力の消耗が激しい状態であっても乗り越えられるだけの体力を持つタイプですね。もし、さほど健康でなかったとしても抵抗力が強く、大病をしてもしぶとく生き抜くことができます。

有村:へぇ~。しぶとく(笑)。

Hoshi:「二重生命線」に関して覚えておいてほしいのは、きれいに上から下まで二重になっている以外に、上だけや下だけ、真ん中だけ二重になっているなど、いろいろなパターンがあること。部分的に「二重生命線」になることもあるんです。



Hoshi:実は「生命線」には年代があります。細かく見るのは難しいので、ざっくり言うと3等分して、親指側が30歳、手首側が50歳。この例(ホワイトボード)で言うと「35歳から45歳くらいまでは二重生命線の時期が続きますね」と言ったりします。
あと、「二重生命線」は必ず内側に出るものであり、外側に出ることはないので、そこは覚えておいてください。イメージとしては、主となる「生命線」をサポートしている線って感じです。

有村:ふ~ん、なんかいいですね。

Hoshi:「生命線」は性格を読み解くとか、適職がわかるという線ではないので、つい見逃しがちですが、今お話ししたように、その人の体力の有無や適した環境をチェックするのには向いています。
「体力があるから、そういう職場で仕事をしても大丈夫」「忙しすぎる環境だと体を壊す可能性があるから気をつけて」なんて言えますので、ぜひ、いろいろな人の「生命線」を見てみてくださいね。

※毎週金曜日更新

【プロフィール】
有村藍里
1990.08.18生まれ。元引きこもりのアイドル・タレント。
芸能活動を通して人見知りな性格の改善をもくろみ中。妹は女優の有村架純。趣味はYOUTUBE鑑賞・世界の気温を調べること。そして特技は手相を見ること…と言えるように勉強中!

not for sale. Hoshi(ほし)
25歳の頃、手相を勉強し始める。メンズ占い師ユニットnot for sale.メンバー1の実力派として、TV・雑誌など多数メディアに出演。若き男性占い師の視点を生かし、恋愛や男心の本音を語れる占い師として人気を博し、雑誌やWebの恋愛系の占いコラムでは欠かせない存在となる。

◎Hoshi モバイルサイト
運命を導く7人

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング