進次郎×滝クリ、萩野公介×miwa…「女性が年上」夫婦の相性を占ったら…

ココロニプロロ / 2019年9月30日 8時45分

写真

進次郎×滝クリ、萩野公介×miwa…「女性が年上」夫婦の相性を占ったら…

【宇月田麻裕コラム:宿曜占星術で読む「相性」vol.36】

このところ、芸能界に結婚ラッシュの風が吹いていますね。著名人どうしのカップルもいれば、相手は一般人という人もいますが、なんとなく姐さん女房の夫婦が多い印象も。

年齢に関係なく、大切な人と結ばれ、周囲からも祝福されるって素敵なこと。というわけで今回は、占いサイト『魔性の宿曜』を監修する宇月田麻裕先生に、女性が年上の夫婦の相性を観ていただきました。

■いい意味で切磋琢磨していくことが要

小泉進次郎(1981年4月14日)×滝川クリステル(1977年10月1日)



小泉進次郎さんは張宿。滝川クリステルさんは觜宿。2人の相性は、破壊が生じる「安壊」の関係の中距離。一般的には避けたほうがいい相手になります。

ただし、破壊を生じる相性にも関わらず、ビッグカップルに非常に多いのがこの相性。芸能人カップルにも多く、円満な家庭を続けている夫婦もたくさんいます。

この2人の場合はお互いに日本、いえ世界レベルの活躍をしていく人たち。社会貢献度は半端ないでしょう。そのため破壊の相性であろうと、破壊が逃げてしまうくらい2人の立ち位置やパワーが勝っています。

また、そんな状況により、刺激がある関係のほうがいいとも言えるでしょう。とはいえ、時間の経過と共に2人の目の先には違う目標や世界が広がっていくのも否めません。

今はほんのわずかですが、今後歩んでいく中で、次第に距離ができてしまうこともありえます。違う道を行けば行くほど、お互いの距離が離れていくかもしれません。

だからといって同じ世界に入ると、自分の主張を通したい宿同士、意見の食い違いから大ゲンカということも考えられます。

自分をプロデュースしていく力に優れた張宿の小泉さん。そして、トークでは小泉さんに負けないくらい優れている觜宿の滝川さん。この2人が議論したら、想像もつかないほどの激論になるに違いありません。

現在の幸せな時間を永遠のものにするためには、年上の滝川さんが今のスタンスを崩さず、刺激を得られる安壊の相性を上手く活用して、いい意味で切磋琢磨していくことが要になるでしょう。

■同じ目標を見つめていける同士の関係

萩野公介(1994年8月15日)×miwa(1990年6月15日)



萩野公介さんは尾宿。miwaさんは婁宿。2人の相性は「業胎」の関係で、比較的、珍しい相性になります。この関係は、前世来世でのつながりがあると言われ、神秘的な間柄になります。

業は前世での自分の宿、胎は来世での自分の宿となり、切っても切れない因縁が生じるのです。業の人は母親役で、献身的に尽くしてくれる相手となり、胎は子ども役、献身的に尽してもらう相手となります。

萩野さんの尾宿に対して婁宿は業となり、miwaさんは、萩野さんの母親的な役割をすることになります。婁宿に対して尾宿は、胎の関係なので子ども役になります。

つまりスポーツ選手の萩野さんにとっては、miwaさんは姉さん女房ということもあり、またとない相性の相手。献身的に尽くしてくれる相手なのです。公私ともに力になってくれ、彼のこれからの競泳人生を支えてくれるでしょう。

もちろん、彼がお休みをしていた期間もしっかりと彼を包み込み、支えてあげていたに違いありません。だからこそ、選手として諦めずに復帰できたと言えます。

基本的に、根気強く目標を達成させていく尾宿の萩野さん。そして人をサポート、コーディネートしていくのが得意な婁宿のmiwaさん。結論としては同じ目標を見つめていける同志の関係です。

■ほどよい距離感を保つことができる

鈴木彩貴(1987年4月13日)×遼河はるひ(1976年2月2日)



鈴木彩貴さんは房宿。遼河はるひさんは奎宿。2人の相性は「栄親」の関係の遠距離です。お互いにとってプラスとなり、結婚・仕事、すべてのシーンで協力し合い、相互のよさを引き出せる相性と言えます。

この2人の場合は遠距離なので、関係は少しばかりさっぱりとした感じになりますが、相性のよさはそのまま。近距離よりも逆に、遠距離のほうがいい関係をキープできるでしょう。

なぜならば、2人はまったく違うフィールドで生きている人たち。それを大事にして、仕事を続けていくことができるからです。つまり、お互いの仕事に口を出したり、束縛し合ったりすることもなく、ほどよい距離感を保つことができるのです。

なお、共通点も多く、同じ愛知県出身。性格もお互いに常識的なところがあり、安心できる相手であって、これからも楽しい時間を積み重ねていけます。

ただし栄親といえども、遠距離ということで違うフィールドで生きすぎてしまうと、日常生活でまったく会わない、なんて事態が発生する可能性が……。

そんな現実が続いたならば、心が離れてしまうこともあるので、そこだけは、お互いが歩み寄る時間と気持ちを持つことが大事。とはいえ、そんなときには年上である遼河さんが、歩み寄る役割を買ってくれるはずです。

■あなたと彼の相性は?

どのカップルも、女性側が支えたり、歩み寄ったりすることで、よりよい関係を築いていけるみたいですね。願わくば、今の幸せが長く続きますように!

あなたと気になる彼の関係はどうなるのでしょう?占いサイト『魔性の宿曜』で、2人の相性をチェックしてみてはいかがですか?


監修者紹介
宇月田麻裕
皇室関係の家庭で育つ。学生時代から東洋・西洋の占いに関心を持ち、特に宿曜経の研究を積み重ね、「宿曜占星術」の若き第一人者として知られるようになる。
そのプロセスの中で、「自分の存在を、人々の幸せに役だてたい」と願うようになり、ハッピネスファクトリーRを設立。
現在、開運研究家、タレント、作家としてマスコミで活躍、読売新聞日曜版連載、TBSテレビ「はやドキ」(ぐでたま占い)を監修中。

モバイルサイト


魔性の宿曜

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング