あと3日で痩せたい!ホステス直伝「駆け込みダイエット」【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年6月12日 10時15分

写真

あと3日で痩せたい!ホステス直伝「駆け込みダイエット」

「もうすぐ同窓会。昔好きだった人に会いたいけど、体型に自信がないから行きたくない」
「来週、友だちの結婚式なのに。こんな、ぽっこりお腹じゃ恥ずかしい…」
なんてこと、あるのでは?

そういうときは、短期間でどうにか痩せたいですよね?ホステスとして働く筆者が、困ったときの最終手段…駆け込みダイエット法をご紹介します!

あと1週間しかない…

例えばこんなとき。
「友だちの結婚式まであと1週間。 このままの体型だと恥ずかしいし、新郎の男友達に素敵な人がいるかもしれないから、少しでもキレイになってドレスを着こなしたい」

1週間でなんとかしたいなら、低カロリーな野菜や海藻・魚・豆腐・ヨーグルトなどを食べ、甘いモノは我慢。飲み物は水かお茶。
また、毎日、無理のない程度にジョギングやウォーキングをしましょう。

お風呂で半身浴をして汗を流したり、体をマッサージしたりしてリンパの流れを良くするのも忘れずに。意外とこれだけで、むくみが取れ、見た目がスッキリするはず。
ムリなダイエットではないので、1週間くらいは続けられますよ。

ダイエット後の体型をキープするには?

筆者はもともと太りやすい体質。しかもホステスと言う仕事柄、週に3日はお客さまと一緒に外食をするので、気を抜くとすぐに太ってしまいます。

でも、ぽっちゃりしたホステスを好きになってくれる男性は少ないし、そんな体型ではドレスも映えません。目に見えて太ったら、お店から「痩せなさい」と注意もされるでしょう。

なので筆者は日頃から、太らないように&アルコールによるむくみを取るために半身浴をし、時間があるときはウォーキングもします。

骨盤がずれると太りやすくなり、立ち姿も美しくなくなるので、月に1回はカイロプラクティックに行って、骨の位置を治してもらう、ということもしています。

また、お客さまと食事するとき以外は、基本的に野菜中心のメニュー。飲み物も糖分が多いモノは控え、お茶や水を選んでいます。

あと3日しかない…

イベントまであと3日…というときは?あまりにも短期間だと、何をすればいいのかわからないですよね…。

筆者は昔、10代の頃にどうしても痩せたくて、金・土・日の週末3日間、固形物は一切食べず、野菜ジュースと豆乳だけで過ごしたことがあります。いわゆる断食ですね。

8月の暑い時期だったこともあり、ありがたいことに3日で3キロちょい落ちました。個人差はあると思いますが、この方法は即効性はあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング