「10年経つのにまだ恋愛できない」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第16回

ココロニプロロ / 2015年1月22日 10時15分

写真

誰にも言えない、けれど誰かに言いたい、そんな内緒の悩みやモヤモヤ、しょうもないグチからやりきれないつらさまで、穴を掘ってこっそり叫んでみたい気持ちを発散する、「感情の吹きだまり」……。そんな場所がこのコーナーです。あなたのやるせない気持ちを、安心してブチまけてみませんか? 雨宮まみが聞き手をつとめます。長文の投稿歓迎いたします。

(トリ/女性/40代)
恋愛ができません。 心の動く異性に出会いません。とてもさびしいし、誰かに甘えたいし、誰かを大切にしたいけれど、見つかりません。
あっ、この人いい感じだな、と思ってもこの年代だと大抵は結婚しているか、ステディな恋人がいます。だいたいその恋人も素敵な人で、こういう恋人がいるから素敵に見えるのかも、と思ったりします。年下でも気にしませんが、恋愛対象には入れてもらえていないようです。
積極的に出会いを求めて行動していないのも原因かもしれませんが、少ないながらも気のおけない友だちには「引退してるオーラ出しすぎ」「スキがなさすぎ」などと言われます。 見た目はそこそこだと思います。童顔なので30代には見えます。話は面白い方だと思います。ちょっと無神経なところがあるかもしれません。ものすごくおセンチなところがあるので、できるだけ理性的に振る舞うように気をつけています。

21歳から付き合った男性と30歳で結婚しました。わたしにとって理想の結婚とは空気のような、静かで長いパートナーシップでしたから、淡白な関係に不満はありませんでした。ふたりとも安定していてかつ熱意をもって取り組める仕事に就いていましたし、このままこの人と歳を取っていくんだなあと思っていました。
でも彼はちょっと子供っぽいというか、ちょっと身勝手で、めんどくさいことを、本当にまずい事態になるまで放置することがありました。私がそれを指摘すると、「じゃあ君がやって」と言ったり、不機嫌になって黙ったりしました。
セックスは、最初からあまりしませんでした。わたしはちょっと神経質であまり得意ではなかったから。わたしはそれについて一緒に考えたり、なんだったらカウンセリングを受けたりしたかったのですが、彼は、それは私個人の問題としか捉えなかったようで、ふーん、まあ無理にしなくていいから、と言うだけでした。
彼は子供が欲しかったようですが、きっとこのままでは子育てを押し付けられる、と思うと余計にセックスをしたくなくなりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング