1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

二番めに好きな人との結婚だと不幸になる?妥協婚で真実の愛を見つける秘訣

ココロニプロロ / 2017年4月22日 10時15分

写真

二番めに好きな人との結婚だと不幸になる?妥協婚で真実の愛を見つける秘訣

波瑠さん主演のドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)がスタートしましたね。
主人公・美都は中学生の頃、同級生の光軌に恋しますが、交際に至らず、2人は別々の道を歩みます。

美都はずっと光軌を想い続けるものの「二番めに好きな人と結婚するといい」という占い師の言葉に従い、職場で知り合った、二番目に好きな涼太と結婚。
ひょんなタイミングで偶然光軌と再会し、不倫の道へと進んでしまいます。

■「本音」がわかる心理テスト

突然ですが、こんな恋愛心理テストがあります。

恋愛相手の条件として必要と思えるものを3つ挙げてください。経済力、見た目、相性など、何でも結構です。

それらの要素を全て兼ね備えた男性が、目の前に2人います。どちらかを選ばなければならないとしたら、他にはどんな要素が浮かびますか?

最後に出した要素。
それがあなたの「本音」です。

もし美都がこの心理テストをしたら、きっと最後に「光軌本人、あるいは本人と思えるような存在かどうか」という本音を語ったことでしょう。

■妥協すると幸せになれない?

交際や結婚に対して「それほど」積極性を感じない相手だと、幸せになれないのでしょうか。
心理学上、2つのポイントが保たれていたら、関係として安定することができるといえます。それぞれ紹介していきましょう。

◎経済生活の設計

何をしたら散財と感じるか、どこまでの節約をケチと思うのか。経済観念は人によって違いますよね。
また、子どもが生まれたり病気になったり、生活に必要なお金はそのときどきで変化しうるもの。
2人にとって「常識」あるいは「幸福」と思える生活ラインを、状況に応じて一緒に設計したり見直したりできることが、安定した関係を築く上で必要です。

◎家族関係の維持

家族が家族として機能するために必要なものって、いろいろあります。
経済的安定だけでなく、豊かさ、健康、精神的安らぎなどなど。

さらに、他人と家族として生活するのは、プラスマイナス様々な感情が交錯しやすいもの。
心と心が寄り添ったり、想いがぶつかったり、気持ちを飲み込んだり、感情が爆発したり、とにかくスタミナを使います。
相手への尊敬や気遣いだけで、このスタミナをキープできる人同士なら、家族として機能していけるでしょう。

しかし、中には「経済生活の設計」および「家族関係の維持」の土台に「深い愛情」を求める人がいます。
そういう人の場合、「それほど」の相手では問題が起きたとき乗り越えられないことも。遅かれ早かれ破たんするでしょう。

■最初がどうあれ最良にする裁量

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください