ホンダN BOX +(エヌボックス プラス)新車情報 軽自動車でも、一家のファーストカーになる! クラスの枠を超えたスペースユーティリティ性能【ニュース・トピックス:ホンダ】

CORISM / 2012年7月21日 14時14分

ホンダN BOX +(プラス)

ホンダN BOX(エヌボックス)/N BOX+(エヌボックスプラス)情報リンク集

 ホンダN BOXに対し、さらに広い居住空間を持つクルマとして仕上げられたのがN BOX+だ。いろいろ積める、ラクラク乗せられる、伸び伸び泊まれるが基本コンセプト。

 ベースのN BOXに対しての違いは、後席のシートを少し前に配置することで、後部に大きなラゲッジスペースを作ったほか、荷室の床面を斜めに傾斜させることで重量物を積みやすくした。さらに、後席のシートを倒すと190cmの人が横になれるほどの空間を作っている。

 遊び道具を積んでアウトドアへ出かける人、あるいは出かけた先で車中泊をしたい人に絶好のクルマといえる。

<ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)の続きの試乗記はコチラ↓↓↓>
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)新車試乗記 驚きの積載性能を実現したミラクル軽自動車

クラスナンバー1スペックで勝負するスパーハイト系軽自動車【ホンダN BOX試乗記】

燃費よりもパワー優先? Nシリーズの第1弾軽自動車【新型ホンダN BOX(エヌボックス)新車情報】

ダイハツ ムーヴ/ホンダN BOX 迷ったらコレを買え! 自動車評論家 松下 宏が選ぶ「今、買いの軽自動車」【軽自動車新車購入術】

斜めのフロアが生んだ独創の積載性能

 ホンダは、新設計のプラットホームとエンジンの採用により、軽乗用車最大級の広さを実現した「N BOX(エヌ ボックス)」に続き、“新しい可能性をプラスする”をコンセプトとした「N」シリーズの第二弾となる「N BOX +(エヌ ボックス プラス)」の発売を開始した。

 この新型N BOXプラスは、20011年12月に発売されたN BOXがベースになっている。N BOXが乗員にゆとりある広さを提供したのに対して、N BOXプラスは、その広さを色々な用途に自由自在に使えるというユーティリティ性を大幅に鍛えたモデルといえる。クラスは違うが、乗員優先のフリードと使い方を優先したフリード スパイクとの関係とよく似ている。

 新型N BOXプラスの最大の特徴は、斜めになった荷室フロア。テールゲートは、もはや、バンパー下端とほぼ同じくらいまでの低さだ。荷室フロアは通常、平坦で当たり前で、斜めにしたら使いにくいと考えるのが普通。そこを、さすが独創性を重視するホンダ。タブーに挑戦し、見事に使い勝手を大幅に高めている。このフロアはユニバーサルブリッジと呼ばれ、自転車くらいなら、容易に積み込みが可能。さらに、オプションであるスロープを取り付ければ、僅かな角度で地面と荷室がつながり、様々なモノを転がしながら積載できるのだ。荷室の開口地上高は、FF車で地面から330mmという低さになっている。

 とても便利なユニバーサルブリッジだが、通常の荷室として使うには斜めで使いにくいはずだ。そこは、マルチスペースシステムと呼ばれる上下2段階に取付高さが変えられる2枚のマルチボードと、エンドボードが、ものの見事に荷室を上下に区切る。シートとあわせてベッドにする、上下2段収納にするなど、多彩な空間アレンジが可能だ。まさに、収納上手な主婦もビックリな収納テクニックといえる。このように、下段モード、上段モード、フラットモード、スロープモード、ベッドモードと5つのモードをもつ。こういった設計ができたのも、ホンダN BOXがもつ革新的なプラットフォームによるもの。ミニマムエンジンルームや、センタータンクレイアウトなどの技術も、そのひとつだ。

ひとクラス上のコンパクトカーさえも凌駕するパフォーマンス

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング