1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」第1~3作、金曜ロードショーで3週連続放送!

映画.com / 2024年5月17日 6時0分

写真

(C)2024 Paramount Pictures. All rights reserved.

 トム・クルーズが主演した「ミッション:インポッシブル」「M:I-2」「M:i:III」が、日本テレビ系・金曜ロードショーで放送されることが決定した。

 「ミッション・インポッシブル」のオリジナルは、1960年代~70年代にかけてテレビ放送されたスパイアクションドラマ(邦題:「スパイ大作戦」)。ラロ・シフリンによる誰もが知っている有名なテーマ曲と、「例によって、君、もしくは君のメンバーが捕らえられ、あるいは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで」という非情な指令のフレーズなどで、日本でも大人気を博した。

 このテレビシリーズの続編として、1996年に第1作が映画化。クルーズが主人公のイーサン・ハントを演じ、“ミッション:インポッシブル(実行不可能な指令)”に挑む大人気シリーズに成長。これまで、7作が公開され、全世界興行収入41億ドル(約6390億円/1ドル=150円換算)を記録している。

 また本シリーズでは、クルーズ自身が、第1作からプロデューサーを務めることで、妥協を許さない、常識を超えたアクションシーンが描かれている。中でもスタントマンを使わず、クルーズ本人が危険なアクションに挑む「ノースタントアクション」は毎回、大きな話題となる。

【「ミッション:インポッシブル」(6月7日 午後9時~11時9分 ※15分枠拡大)】

 記念すべきシリーズ第1作。テレビシリーズ「ミッション・インポッシブル」(邦題:『スパイ大作戦』)の大ファンだったクルーズが、映画の大スクリーンで続編を製作する事を立案。クルーズが初めてプロデューサーに挑戦し、彼の製作上のパートナーであるポーラ・ワグナーとともに92年にパラマウント映画内に設立した「クルーズ/ワグナー・プロダクションズ」の記念すべき第1回作品として、96年に公開。興収は全世界で4.5億ドル(約675億円)を超え、世界中で社会現象を生む大ヒット作となった。

 テーマ曲には、テレビシリーズで有名なラロ・シフリン作曲の「Theme From Mission: Impossible」。テレビシリーズで第2シーズンから、IMF(Impossible Missions Force/不可能作戦部隊)のリーダーを務めた“ジム・フェルプス”が本作でも登場、テレビシリーズでお馴染みの「おはよう、フェルプス君~」で始まる、当局からの指令のシーンが再現される。またクルーズ演じるイーサン・ハントがCIAのメイン・コンピューター室に侵入する有名なワイヤーアクションは、今でもさまざまな映画やドラマでオマージュされる程の象徴的なシーンとなっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください