俳優:工藤阿須加、父と同じマウンドで始球式に登場

Entame Plex / 2014年5月19日 23時49分

写真

俳優:工藤阿須加、父と同じマウンドで始球式に登場

作家・池井戸潤のエンターテインメント小説が原作のTBSドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」で、社会人野球部の存続の鍵を握るピッチャー:沖原和也を演じる工藤阿須加が、5月24日(土)に西武ドームで行われる西武×ヤクルト戦で始球式を行うこととなった。

工藤阿須加は、1982年から2010年にかけてセ・パ両リーグで活躍した投手:工藤公康の長男。2012年に俳優デビューし、映画「悪の教典」や大河ドラマ「八重の桜」などの出演経験がある彼が、このたび父が名勝負を繰り広げたマウンドで始球式を行うことになった。

なお、25日(日)放送のドラマ第5話では、工藤演じる沖原の所属する青島製作所野球部が、最大のライバル:イツワ電器野球部と対決を迎える。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング