武井咲「薫は、また演じたい……」いよいよ完結する『るろ剣』公開直前インタビュー

Entame Plex / 2014年7月31日 10時41分

写真

武井咲「薫は、また演じたい……」いよいよ完結する『るろ剣』公開直前インタビュー

大ヒットしたアクション映画の続編、『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』が、二作連続公開! 佐藤 健演じる主人公・緋村剣心とともに、剣心の身を案じるピュアなヒロイン・神谷薫が、前作以上に成長して戻って来ました! もちろん薫役は、女優として大活躍中の武井咲。
薫として初めての本格アクションを披露した感想や、長く彼女を演じて気づいたこと、今現在の本音など、いろいろと直撃しました!



――ファン待望の続編となりますが、今回の薫は前回に比べると大人っぽいというか、成長したたくましい女性になっていますね!
「そうですね。前回の薫は神谷道場を一人で守っていて、強がっているけれどけなげで、普通の弱い女の子というキャラクターでしたが、今回は剣心たちと道場で一緒に生活しているスタートだったので、その時点で全然違いますよね。以前はお父さんが亡くなって一人でいたけれど、今は皆と一緒にいる。家族の温かみも感じて心が豊かになっていると思いましたし、剣心に対する想いや行動を見ていても成長したなあと(笑)。わたし自身も感じました」

――そして注目は、薫のアクションですよね。今回は薙刀を使って、道場ではなく、実践で勝負しちゃうという(笑)。
「本気で大変、リアルに身の危険を感じる撮影でした(笑)。息づかいも、たいていは自分のお芝居で表現することはありますが、今回は本気で息が上がってしまって(笑)。でも、大きなけがはなかったので、それは本当によかったなと思います。とにかくアクションシーンを大事にしていたので、薫が戦うシーンでは緊張しました。いい緊張感があるなか、味方がいるような安心感があったので、乗り越えた時は、すごくうれしかったですね」

――確かに、剣心とは離れていても、強い絆を観ていても感じました。改めて完成した映画を観た時、剣心演じる佐藤さんはいかがでしたか?
「前作であれだけのアクションを披露していて、今回もとても楽しみにしていましたが、今回は壁を登りたいと言っていて(笑)。さらなる野望を持っていて、この人はどこまでいくのかと思いました。その反面、プレッシャーも大変で、精神的にも肉体的にも過酷だったと思いますが、そういう姿を現場では見せなかったので、剣心は本当にカッコいいと思いました。まるで観客のように剣心はすごいなあって。戦って、壁登って、屋根を走って、そういうリアルなアクションを見せてくれるので、それは薫もついていくなって思いますね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング