アイドル・シーン最前線、アイドルは今ロックが熱い!?

Entame Plex / 2014年8月27日 16時3分

写真

アイドル・シーン最前線、アイドルは今ロックが熱い!?

今年の夏は週末のみならず、平日でも数多くのアイドル・イベントが開催され、さらにはアイドルたちがロックフェスに参戦するのも通例化され始めている。アイドル業界が飽和状態だからこそ、百花繚乱に見えるアイドルという存在に外側の人たちが興味の触手を伸ばしているのが現状だ。

じつはそんなアイドル業界に面白い動きが起きている。それが、ロックなスタイルへのアプローチ。そもそも、アイドルの楽曲プロデュースや制作に関わっている人たちにロック現場育ちが多いこともあり、以前からマニアックなロックナンバー風の楽曲をアイドルたちに歌わせる傾向はあった。そして、そのアイドルの枠を外れたアプローチが話題を呼び、今のアイドル・ムーブメントへも繋がっている。とはいえ、今やそれだけではなかなか飛び抜けた存在感を発揮出来ないのも事実。ただ逆に捉えれば、それだけ個性的な楽曲がアイドルの世界には多く存在しているということ。だから外部の人たちが「サブカルの匂いがする」と理屈を付けては、現在のライブアイドル・シーンに興味、関心を示してるとも言えるだろう。

そんななか、8月20日(水)、赤坂BLITZでガールズロックバンドたちが集結したイベント「GIRLS ROCK SUMMER SPLASH!! 2014」が開催された。出演したのは、FLiP、LoVendoЯ、Gacharic Spin、THE ポッシボー、井上苑子、がんばれ!Victory、Boiler陸亀の7バンド。さらに、オープニングアクトとしてASUCA BANDも登場。

このイベントの面白さは、「アイドル側からロックな姿勢へアプローチしたスタイル」「ロックバンドながら、アイドル的なアプローチも表現に取り入れた形」「世間の動きなど我関せず、自分らが求めたいロックな音楽性を追求し続けている」。大きく分けるなら、3つのアプローチを持って音楽を表現している「ガーリーなアーティストたち」が集結したところにあった。



普段はアイドル・ユニットとして活動しているTHE ポッシボーは、この日バンドを引き連れ、迫力満載の生音を背景に昂ぶる感情を全開にしながら、観客たちへ挑みかかる姿勢のもとステージを披露すれば、元モーニング娘。の田中れいなが中心となっているLoVendoЯも一見アイドル寄りと思われそうだが、表現する楽曲にその面影は一切なく、ツイン・ヴォーカルとツイン・ギターの掛け合いが織りなす激しくもドラマチックな世界観を表現。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング