倖田來未、話題の新曲「Dance In The Rain」をiTunesRにて世界配信開始

Entame Plex / 2014年11月5日 18時2分

写真

倖田來未、話題の新曲「Dance In The Rain」をiTunesRにて世界配信開始

最先端テクノロジー“オキュラスリフト”を駆使した360°バーチャルリアリティミュージックビデオ(VRMV)で話題となった倖田來未の新曲「Dance In The Rain」が、本日5日よりiTunesRにて世界110カ国で先行配信が開始された。

この曲は、以前から倖田が挑戦してみたかったというダンスバラード。楽曲にあわせて、自分自身の声のトーンを調整してきたという彼女は、この曲で本来の自分自身の声、低音から歌いだし、力強さを表現している。
また、ミュージックビデオも360°バーチャルリアリティ版だけでなく、それにリンクした2D版も制作。倖田自身「VRMVはいわばティザーで、2Dのミュージックビデオで全貌が見えるようになっています。私の中では、“ダンス=生きる”という表現だと考えているんですね。白い塔の中で閉じ込められた主人公が、苦しみから抜け出して、戦士達と共に踊る。今回は、悲しみの雨が降っても、勇ましく踊り続ける人間の力強さを身体で表現したかったんです。と、同時に、たとえ倒れて、動けなくなっても、時間は進み続けている。そこで立ち止まるか、歩き出すか、踊り出すかは自分次第で変わってくるっていうメッセージも込めてられています」とコメントしている。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング