『正しいブスのほめ方』×『正しい太鼓のもち方』が異色コラボ! テレ東深夜枠でドラマ化

Entame Plex / 2014年11月16日 15時30分

写真

『正しいブスのほめ方』×『正しい太鼓のもち方』が異色コラボ! テレ東深夜枠でドラマ化

宝島社発行の書籍『正しいブスのほめ方』『正しい太鼓のもち方』が、来年1月よりテレビ東京でドラマ化されることが決定した。ドラマタイトルは「太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~」で、これまでに「俺のダンディズム」、「孤独のグルメ」などのヒット作品を生み出している深夜ドラマ枠(毎週月曜23:58~)での放送となる。

原案の『正しいブスのほめ方』『正しい太鼓のもち方』は、上司や同僚、友人との人間関係に悩むビジネスパーソンに向けて、独特の視点でユーモアを交えてコミュニケーションの上手な取り方を紹介した処世術本で、2013年に発売して以来、現在シリーズ累計7万部を突破している。

手塚とおるが初主演を務めるほか、柄本時生、木南晴夏が出演。この3人が「世渡り WARS」というオンラインゲームに登場する大佐、作戦参謀、情報分析官に扮し、「太鼓持ちの達人」として口下手な迷える人々に絶妙な“ほめワード”を授けるという新感覚ドラマとなっている。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング